2020年8月 3日 (月)

Z パワーの新製品

4月25日の本ブログでご紹介したのですが、Zゲージ(6.5mm)用の超小型パワトラ Z パワーに新型を追加販売しました。ホイールベース(軸間距離, WB)が7mmと8mmの2種類です。車輪径はΦ5.4mmです。
ZパワーシリーズはこれでWB-7mm,8mm,9mm,10mm,11mmの5種類になりました。

Dsc_0486 
左が7mm(NG-ZP0705)、右が8mm(NG-ZP0805)です。

当初のご注文主様は米国の方で、シェイやクライマックス等のギヤードロコの台車動力に使うとのことでしたが、お仲間で結構使いたい方もおられるようで、製品化することにしました。
わが国では使い道があるかどうか分かりませんが、超小型のバテロコの動力などには向いているかもしれません。アイデア次第で面白いものが出来るかもしれませんね。

それとZパワーは一部改良点があります。すべてのZパワーはモーターが新型になりました。新型のモーターは従来のものより低コギングで定格電圧も高いので、更に安定したスムーズな走行になりました。既に先月の発売分より新型モーターで出荷しております。またモーターの分売(NG-P511)もございますので、必要でしたらご利用ください。

 

2020年7月17日 (金)

ミニミニ暴走族?

サイドから暴走族の竹やりマフラーもどきの排気管を突き出して、勇ましくも滑稽な顔つきが愛らしいロコがアランキーフ(Alan Keef)です。英国生まれでピートなどのプランテーションで使用されていたようですが、あまりにも珍妙なロコなので模型化したくなります。

資料も殆どないので数枚の写真からモデルにしてみました。設計はだいたい終わりましたので3Dにしてみました。写真はCGですので完成予想図といったところです。まだ詳細部分は変わるかもしれません。

Alan-keef

Alan-keef2

 動力はうちのNパワーで、ホイールベースは11mm、車輪径は5mmのNP1105を使います。6.5mmゲージで使いたい方は、同じくZパワーのZP1105も使用できるように設計してあります。
この小さなロコにはZゲージのほうが似合うかもしれませんね。

アランキーフはナローモデラーには人気のあるロコで、モデラーの方が作られている例はありますが、これまで製品化はされていないようです。面白いロコなので結構欲しい方もおられるかもしれません。これも製品化しましょうか。

 

2020年6月22日 (月)

軽便蒸機の下回り

前回の軽便蒸機ですが、下回りはどうするのかお問い合わせがありましたのでご紹介しておきます。
簡単に言えば既存のNパワーをそのまま使って蒸機の下回りにします。つまりNパワーの後ろにシリンダーブロックをねじ止めします。実はNパワーは初めから蒸機の下回りに流用することを考えておりまして、すぐにシリンダーブロックが付けられるようにネジ穴も切っておりました。

22145478
画像をクリックすると大きくなります(CGですが)。

今回の軽便蒸機ではNパワー1207(ホイールベース12mm、動輪Φ7mm)を使用する設計です。プラ製のシリンダーブロックをNパワーにねじ止めしますが、プラの輪芯と洋白のロッドセットをキット化します。後方のステイは既存のNパワー取付けキット(NP101)です。

このキットの特徴は、Nパワーが簡単に蒸気の下回りなることのみならず、ロッドを変えればホイールベース12mmから17mmまでの蒸機を自由に出来ることです。また車輪はΦ 6mm、Φ7mm、Φ 8mmの3種類が選べます。上回りは思い思いに自由に作って頂くと嬉しいです。

220124587
画像をクリックすると大きくなります(CGですが)。

世の中には極めて細密な蒸機キットが溢れていますが、すべての方が作れるとも思えませんし(私もそうですが)、初中級者向けにもっと簡単な下回りがあってもいいのではないかと思います。
出来れば蒸機の入門用に遊んで頂ければ嬉しいのですが。

2020年5月28日 (木)

コロナ禍のなかで (2)

STAY HOMEで自宅軟禁を強いられておりましたが、先にご紹介しました鹿島軌道の3号機のほかに軽便蒸機も設計しておりましたので、こちらもご紹介いたします。
おかしなもので自宅に縛られているほうが設計ははかどるようです。

さてこの蒸機ですが、雨宮でもコッペルでもない、何の変哲もないどこにもありそうなスタイルの自由形軽便蒸機です。部品点数を少なくしてどなたにも簡単に組めること、できるだけ安価なものにしたいと思います。そのためには動力には既存のNパワー(NG-NP1207)を使い、上回りはホワイトメタルを多用します。かってのPECOのバリキットやいさみやのホワイトメタル雨宮蒸機のイメージです。

99124547

66145787

そういえばNGはこれまで蒸機を作っておりませんでした。つぼみのBタンクや天賞堂のCタンクで育った世代ですので、小型蒸機は大好きなのですが、銀座軽便倶楽部やトーマさん、コンさんの素晴らしい蒸機がリリースされるなか、わざわざ自分で作る必要もなかろうと思っておりました。
またミニトレインズの代理店になり、コッペルやクラウスなどの蒸機を販売することになったため、代理店が競合する製品を作るのは憚られていたこともあります。そんなわけで今まで蒸機を作らなかったのですが(なんか言い訳ぽいですが・・・)、環境も変わり、そろそろオリジナルの蒸機を出してもいいのかなと思っています。

これからぼちぼち試作に入ります。今年は軽便祭もないので気は楽なのですが、あまり期待はしないでください。

 

2020年5月25日 (月)

コロナ禍のなかで

緊急事態宣言もやっと解除されるようで少し希望が見えてきました。STAY HOMEとやらで外出もままならず、ややストレスが溜まっておりました。ただ皆さんご自宅におられる時間が長くなったのか、ネットでのご注文は前より増えているようで、ありがたいことです。

さて自粛中の気晴らしで、こんなものを作っておりました。鹿島軌道の3号機で丸山製の自働客車です。

5414587

533012458

動力は手軽なTOMYTEC「はこてつ動力ユニット」ですが、入手できなければ弊店の「はこてつ動力互換ユニット」も使えます。

66124145

車体はホワイトメタルで、接着剤だけで簡単に組めるようになっています。
暇つぶしに作ったものなので販売するかは未定です。

2020年4月25日 (土)

Zパワーの試作品

海外のお客様からのご依頼で、Zパワー(6.5mmゲージ)の新型を作りました。ご注文はホールベース(WB)が7mmのものをご希望です。
ZパワーはこれまでWB-9mmのものが最短でしたので、WB-7mmは結構ハードルが高いのですが、理論上はWB-6.5mmまで可能ですのでお引き受けしました。ちなみにPowerMAX!はWB-11mmです。

余談ですが、この米国のお客様に使い道をお聞きしました。Nn3(6.5mm)でシェイやクライマックスなどの動力台車に組み込みたいとのことでした。WB-7mmがちょうどよいそうです。

数回の試作を経てWB-7mmのZパワーができました。さすがにちっちゃいですが動きほ従来のZパワーと変わりません。

Dscn3587

WB-7mmが出来たのでついでにWB-8mmも作ってみました。これも問題ありませんでした。
左がWB-7mm、右がWB-8mmです。

Dscn3589

WB-7mm、8mmが出来ましたので既存のWB-9mm、10mmと並べてみました。
左からWB-7mm、8mm、9mm、10mmです。

Dscn3592

ZパワーはWB-11mmもありますので、これで7mmから11mmまで5種類になります。
もっともWB-7mmと8mmは市販するか決めておりません。こんな極端なホイールベースのものはそれほど需要がないと思いますので商品化は様子見です。もし必要でしたらご連絡ください。特注でお作りします。

海外から大量の注文が入ると嬉しいのですが・・・。

 

 

2020年3月16日 (月)

北の国から

北欧のお客様から写真を頂戴しました。城東電軌さんのモンタニアキットを組み立てたものです。
乗っている白ひげのおじさんもバイキング風ですね。

Dsc_1062

面白いのはカプラーで、朝顔型カプラーの孔に線を付けています。このカプラーはキット付属のNGの朝顔型カプラーなのですが、これで欧州で多用されているループアンドフック型のカプラーも連結できますね。
形も悪くないのでこれが正解かもしれません。



2020年3月 2日 (月)

新型V パワーのこと

モーター縦置き型の動力ユニットの新型を発売しましたので、少し補足いたします。
もともとこのタイプの動力ユニットは既に何年か発売しておりまして、そこそこご好評を得ておりましたが、駆動がギヤ伝動で金属ギヤ(真鍮製)を使用していたため多少騒音が出るのが気になっておりました。またNパワーで得られた経験をもとに、電導機構など更に改良すべき点も多々見受けられましたので、在庫は多数あるものの思い切って全面的な設計変更をすることにしました。

ただし、長年ご愛顧いただいている製品ですので、外形寸法や取り付け部の位置などは一切変えておりません。また前後の取付金具も今回ご用意しました。

Dscn3525

設計変更は多岐に及んでおりますが、詳細は細かいことなので割愛させて頂きます。その中でも最も大きな変更点は前述のアイドラーギヤを金属ギヤから特注の硬質プラギヤに変えたことです。その効果はてきめんで静かでスムースな走りになりました。

9945587887

更にこのアイドラーギヤの歯数を新型では17枚から21枚に変えています。 この結果、旧製品では軸距離WB-12mm、13mm、14mmの3種類でしたが、15mm、16mmも出来まして、軸距離だけで5種類になりました。
車輪径はφ6mmとφ7mmからお選びいただけますので、その組合わせは10種類になります。これだけあれば大抵の動力に合うと思います。

Dscn3542

外見だけでは新型と気づかないと思いますが、中身は全くの別物です。そこまで拘らなくてもいいのかもしれませんが、これからも長く使って頂きたい製品ですので日々の改良は欠かせません。技術の進歩というのは細かい改善の積み重ねですね。

2020年2月24日 (月)

ローラー運転台を再度販売しました

もう何度目になるでしょうか。ローラー運転台の再々発売のお知らせです。
このローラー運転台は入荷するたびにすぐに完売してしまいまして、需要に供給が追い付かない状態が続いております。仙台のK先生には本業でご多忙の中、一生懸命作って頂いているのですが、何しろ手作りでかつ丁寧に作って頂いているため量産ができません。それでももう数百セットは作って頂いたと思いますが、さすがにお疲れのようで次のロットがいつになるかは分からない状態です。
それでも追加部品の注文はされておられますので、また再生産はして頂けるようですが、当面は見込めないかと思います。

ローラー運転台を お待ちの方はどうぞこの機会にお買い求めください。

2020年2月16日 (日)

ローラー運転台を再発売しました

毎回ご好評により発売するとすぐに売り切れるローラー運転台ですが、製造者のK先生のご厚意により再生産して頂きましたので、本日発売しました。
K先生も多忙のため量産はできませんが、それでも今回はまとまった数を作っていただきました。
前回もご購入できなかった方には朗報と思いますので、どうぞ早めにごこ購入下さい。

16.5mmゲージ用と9mmゲージ用の2種類がありまして、ローラー運転台が2個入りと3個入りがあります。

Dscn3446_20200216134701

 

«ローラー運転台は完売しました