2017年2月 2日 (木)

新型パワトラを発売しました(2)

9mmゲージ用の小型パワトラ、Nパワーですが、既発売のホイールベース12mm、14mmに加えて13mm、15mmも発売しました。
車輪径はφ6、φ7の2種類がありますので、これらの組合せで合計8種類になりました。

561101259
写真は左からホイールベース12mm、13mm、14mm、15mmです。

更にホイールベースの異なるものや、車輪径の大きなものも開発していきますので、殆どのニーズに対応できるようになると思います。
またモーターは、標準では0608タイプの15mm長の強力型ですが、より小型の10mm長のものもオプションで用意いたしました。超小型のロコにはこちらをご利用ください。

664101562

2017年1月 5日 (木)

新型パワトラを発売しました

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
さて昨年よりお知らせしておりました9mmゲージの新型パワトラを発売しました。

昨年のクリスマスに開催されました大宮での「さいたま鉄道模型フェスタ」で、実はこっそりと先行販売をさせて頂きました。ある部品の入荷が遅れておりましたが、模型市前日に入りましたので、そのままキット組みをして販売いたしました。

そのため何のお知らせもないままでしたので、模型市にお越しの方でも気づかれなかった方もおられたのではないかと思います。そこで正月明けの今回正式に販売をいたしました。

114700101014

ホイールベースは12mmと14mmの2種類、車輪径は6mmと7mmの2種類で4種類の組合せになります。また今月中にホイールベースが13mmと15mmのタイプを発売する予定です。

懸案でしたこのパワトラの名称ですが、「アルパワー」、「トーマパワー」に倣って「NGパワー」にしようかとも思いましたが、どうも走りそうもない名前ですのでボツになりました。「パワーマックス」を超える「ウルトラパワー」とか、「スーパーパワー」とかも考えましたが、名前負けしそうなので止めました。

結局「Nパワー」になりましたが、このNには9mm用とナローの意味を込めています。なお次に開発する6.5mm用パワトラは「Zパワー」とする予定でおります。

「Nパワー」にした理由は他にもあるのですが、まだ時期尚早ですのでここでは申せません。壮大な計画ではありますが、お正月ですので初夢で終わるかもしれませんし・・・。

それと自前のパワトラを作ったのはいいのですが、何に使うかは全く考えておりませんでした。間抜けな話ですが、今年はこれを使った車両を開発しようかと考えております。皆様アイデアがございましたらお教えください。共同開発もいいですね。

2017年1月 1日 (日)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
カレンダーの続きです。エガーバーンを専門に販売しておりますドイツの模型店さんから、エガーバーンの2017年カレンダーを頂戴しました。ちなみに弊店はわが国唯一のエガーバーン販売店として、このお店にもリンクされております。

このエガーバーンカレンダーですが、A4サイズで12ケ月の写真カレンダーです。毎月エガーバーンが見られますので楽しいです。ドイツ語の表記で、かつ祝祭日が日本とは異なるのが難点ですが、エガーバーンマニアの方には喜ばれると思います。
またエガーバーンやミニトレインズを使ったレイアウトやジオラマ作りにも参考になると思います。

99457847

このカレンダーは非売品ですのでネットには公開出来ませんが、ご希望の方がございましたら弊店までメールでご連絡ください。pdfファイルですので、返信メールに添付して送らせて頂きます。ささやかなお年賀です。

2016年12月28日 (水)

軽便風土記カレンダー2017

今年もいよいよ押し詰まり慌ただしい時期ですが、皆様新年のご用意はもうお済みでしょうか。
先ずは部屋のカレンダーでも変えようと思いますが、新幹線や特急列車などの派手なカレンダーでは、ナローファンの方にはぴったりこないと思います。

そのような方にお勧めのカレンダーがあります。現在発売中の季刊「j train(ジェイ・トレイン)」の別冊付録に「軽便風土記 カレンダー2017」が付いています。

66124587

著名な「諸河 久」さんの軽便写真集をカレンダー仕立てにしたもので、ナローファンには眺めているだけでたまりません。

表紙は尾小屋のキハ1ですが、これは例の猫屋線の影響もあるのでしょうか。

440012897

1月2月は沼尻、3月4月は奥山線、5月6月は頸城、7月8月は井笠、9月10月は駿遠線、11月12月は三重交通とメジャーなナローが続きます。

このカレンダーをもらえるだけでも「ジェイ・トレイン」を購入する価値は十分あると思います(決して出版社の回し者ではありません(笑))。

2016年12月25日 (日)

MinitrainSからメリークリスマス!

今日はクリスマス。大宮の「さいたま鉄道模型フェスタ2016」も無事に終わりました。ご来場の皆様まことにありがとうございました。
会場では新製品の販売もいたしましたが、そのご報告は後ほどとして、MinitrainSからクリスマスカードが届きました。MinitrainSのH.P.にも掲載されていますが、下記のカードです。

W2016c

プレゼントを運ぶサンタさんは兎も角として、本当のプレゼントはその前の青いDLです。サイドロッド付き、アウターフレームのDLです。3軸に見えますが中間軸はロッド駆動軸で、動輪は外側の2軸です。これはMinitrainSの新製品です。これはドイツ フェルトバーンのNS2F ディーゼルロコですね。既にBUSCHで1/87、6.5mmゲージで製品化されています。

このDLは2016年のMinitrainSカタログの新製品予告にも載っておりましたので、いつかは発売されるとは思っておりましたが、年末ギリギリで製品化したようです。カタログに載っている図面は下記のものです。

55012457847

発売時期等はまだ分かりませんが、嬉しいクリスマスプレゼントですね。
まずは皆様、「メリークリスマス!!!!」

2016年12月20日 (火)

いよいよ「さいたま鉄道模型フェスタ」です

早いもので、今年も年末恒例の「さいたま鉄道模型フェスタ」の季節になりました。例年クリスマスと重なって、誰も来ないんじゃないかと心配するのですが、年齢層が違うのか、会場は結構な賑わいを呈します。鉄道模型をクリスマスプレゼントにと思うのですが、結局はお父さんの自分用のご褒美になるのでしょうか。

海外の模型通販店ですと、この時期はクリスマスセールとか、サンタの付いた列車のセールなどを見るのですが、日本では皆無です。それだけ海外では鉄道模型が家庭に普及しているということでしょうか。

それはさておき、弊店も「さいたま鉄道模型フェスタ」には毎年欠かさず出店させて頂いております。大宮は鉄道の要衝ですし「鉄博」もあるなど、鉄道文化が根付いているところです。また模型市主催者様のワールド工芸さんをはじめ、アルモデルさんも大宮がホームベースです。「さいたま鉄道模型フェスタ」の盛況もそのあたりに秘密があるかもしれません。

肝心の出店ですが、MinitrainSの新製品「バグナル」は販売いたします。お蔭様でご好評を頂いておりまして、先週末には在庫僅少となり、大宮での販売は無理かと思っておりましたが、MinitrainSに頼んで緊急出荷してもらいましたので、何とかなりそうです。

それと既にご案内しております9mm用小型パワトラですが、部品を量産中です。残り1点の入荷待ちで毎日気をもんでおりますが、間に合えば下記の4種類を同時に発売致します。

WB-12, 7φ、WB-12, 6φ、WB-14, 7φ、WB-14、6φ

このパワトラの詳しい説明は次回にでもいたしましょう。

2016年12月 8日 (木)

MinitrainSのバグナル(6)

MinitrainSの新製品、バグナル ウイングタンクを昨日より販売しております。お蔭様で好評で、このままでは大宮まで持たないかもしれませんので追加注文を考えております。

さてこのバグナルですが素晴らしい出来です。最初の写真の印象では、また漫画チックなものかと思っておりましたが、どうしてどうして期待以上でした。工作精度と塗装技術が進歩したたように思います。デザインはドイツながら製造は中国ですが、最近の中国製品は各段に製造技術が進歩したようです。スマハもサムスンを追い越したとか、日本製品も頑張ってほしいです。

余談は兎も角、最近話題の猫屋線の客車と並べてみました。MinitrainSは009スケールと思われますので、1/80の猫屋線と丁度良い大きさです。

Dscn2510

それと意外に知られていないようなのですが、MinitrainSの機関車のカプラーはNゲージのアーノルドカプラーにそのままつなげることが出来ます。MinitrainSのカプラーのフックがアーノルドカプラーのナックル部に丁度引っかかります。

つまり猫屋線の車両はMinitrainSの全ての機関車とそのまま連結出来ますので、カプラーの交換は特に必要ありません。マグネマチックか朝顔形にするかと悩む前に、どうぞお試しください。

2016年12月 6日 (火)

MinitrainSのバグナル(5)

MinitrainSの新製品、バグナル ウイングタンクロコが入荷致しました。明日から販売を開始する予定でございますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

またご予約者様には、順にご案内をさせて頂きますので、宜しくお願いいたします、

初回入荷分は多めに注文しましたが、お陰様で多くのご予約を頂きまして、初回販売数は減少しております。
すぐに売り切れることは無いと思いますが、12月末の大宮模型市までには無くなるかもしれませんので、早めにご注文/ご予約をお願いいたします。

2016年12月 2日 (金)

新型パワトラを開発中です(3)

小型パワトラですが、従来の7mmに加え6mm径の車輪も出来上がりましたので早速組み込んでみました。
写真左は6mm径の車輪でWB-12mm、右は7mm径の車輪でWB-14です。

661245897

このパワトラは車輪径もWBも自由にお選び頂けるように致しますので、これで4種類の組合せが可能になりました。更に8mm車輪やらWB-13, 15, 16などを取りそろえようと思います。また輪芯のオプションや取付金具も充実させていきたいです。

2016年11月30日 (水)

MinitrainSのバグナル(4)

新製品バグナルの図面が入りました。こうして見るとやはり愛嬌のある可愛いロコです。
このウイングタンクですが、ここにウエイトを載せて前後のバランスを取っているのではないでしょうか。これが無いと後ろにつんのめりそうですね。

9900100129

下回りはコッペルやクラウスなどMinitrainSの小型2軸ロコと同じですが、 ホイールベースが17.04mmです。いかにも半端な値で、丁度17mmとしても良さそうなものですが、これから二つのことが類推されます。

先ずはMinitrainSの設計の最小単位が0.01mm(10ミクロン)であることです。
MinitrainSのスムースな走りは、高性能モーターやフライホイールが貢献していると思っておりますが、それだけでなく、フレームの精度もかなり高いのではないかと思っておりました。金属でも、プレス加工やエッチング加工では10ミクロン単位の精度は難しいですし、NC加工機でも使わないと出せない精度と思います。

更にもっと大事な点があります。何故17.04mmなのでしょうか、17mmではない理由が何かあると思います。
たまたま小型のパワトラやシャーシを設計していますので分かるのですが、ホイールベースは最初に考える基本寸法で、それに合わせてギヤのサイズや配置を考えます。つまりホイールベースの確保が絶対で、ギヤのサイズや配置は従になります。それゆえギヤは設計上の理想的な寸法/配置にならず、遊びで逃げることになります。

これに対し、MinitrainSの思想は、走りのための理想的なギヤサイズや配置が優先で、結果的にホイールベースが多少違っても構わないのでしょう。あくまで走り優先の思想が設計段階から貫かれているのだと思います。

あくまで勝手な推論ですので的外れかもしれませんが、MinitreinnSの極めてスムースな走りには随所に秘密がありそうです。

なおバグナルの入荷状況ですが、ドイツはすでに出荷しておりまして、今週末くらいに入荷する予定です。

«新型パワトラを開発中です(2)