« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

音水の松岡4トン代燃機関車を発売しました。

本日、シーライオン工房の「山崎営林署の音水森林鉄道、松岡製作所の4トン代燃機関車」キットを発売致しました。
このキットはiModels2と称し、従来のシーライオン工房の精密エッチング板のみで構成されるiModelsとは別のシリーズになります。
iModels2の特徴は、精密エッチング板と精密レジンキャストの特長を活かした複合製品であることで、エッチング板では成し得ない曲面構成の立体物をレジンキャスト化したことです。これにより、より精緻なキットが誕生しました。

精密レジンキャストは、精密な手作り製品で定評のあるプラネット モデル ワークスさんの製造によるもので、このサイズで驚異的な仕上がりになっています。代燃装置はもとより、ダミーエンジンやキャブの計器盤なども素晴らしい出来映えです。

この音水の松岡4トン代燃機関車はシーライオン工房さんとプラネット モデル ワークスさんのコラボにより製品開発したものですが、両社の得意分野を持ち寄って、旧来の製品には見られない高精密の製品が出来上がりました。

ただ残念ながら高品質製品のため量産は難しく、発売数は少数に限られています。
iModels2はナローキットの概念を超えるエポックメイキングともいえる製品ですので、売り切れは必至、是非お早目にお求めください。

67841225

Rimg0024_2

シーライオン工房さん仕上げ品

0181

プラネットモデルワークス さん仕上げ品

概要はこちらをご覧下さい

 

2014年2月16日 (日)

2014ミニトレインズカタログです

ネットでも2014ミニトレインズカタログが出回っていますので、弊店も載せることにしました。
ホームページからもアクセスできますが、下記をクリックしていただければ直接アクセスできます。
PDF版も3種類あるのですが、一番見やすいものを載せました。
http://homepage2.nifty.com/narrow-garage/Minitrains2014-3.pdf

カタログには印刷版とPDF版がありますが、印刷版の2014ミニトレインズカタログはまだ届いておりません。
2013年の印刷版ミニトレインズカタログはもらっていますので、後ほど届くと思います。

さて注目の新製品は0-8-0Tのブリゲイドロック(旅団機関車)です。ほかにナロー用の線路とコントローラが出ます。
ナロー用の線路とコントローラは、当初F&Cトレインセットの中にセットで入る予定でしたが間に合わず、
今回別売となったようです。
エガーバーンのトレインセットのように、ミニトレインズも線路とコントローラ付のセットがいずれ出るのでしょうか。

ミニトレインズの線路が何Rなのか、ブリゲイドロックがどのくらいのカーブを回れるのか、気になるところですね。

2014年2月12日 (水)

この機関車は何でしょう?(3)

ニュルンベルグ・トイメッセも終わりましたのでこの新製品を発表してもいいのでしょうが、肝心のミニトレインズが沈黙を保っておりますので、もう少し公表は控えさせてください。
隠すほどのものでもないのですが、代理店としてはミニトレインズの指示待ちです。発売は4月か5月の予定ですので、まだ先ですね。

ネットでこの新製品が載った2014ミニトレインズカタログが出回っておりますが、これは今回の新製品だけを切り抜いて載せたもので、フルバージョンのカタログではありません。

2014ミニトレインズカタログは販売中の全製品および今年発売予定の製品を網羅しておりまして、今回の新製品の機関車以外にも未発表の意外な製品が載っています。それゆえフルバージョンのカタログは今は公開出来ないのが残念ですが、いずれお見せします。

何が出るのか気になる方もおられると思いますので、ヒントを差し上げます。
2013年10月10日の弊ブログの中にヒントがあります。さて何でしょう。

2014年2月 1日 (土)

パフィングビリーの2-6-2サイドタンク機が出るそうです

NG Trains (NGではありません)から、オーストラリア・パフィングビリー鉄道の2-6-2サイドタンク機が発売になる旨のアナウンスがありました。
http://www.ngtrains.com/Pages/Haskell/NA1.html

興味深いのは1/48 16.5mmのOn30 バージョンのみが出ることです。オーストラリアは英国の影響があり7mmスケールのモデルが多いのですが、今回はOn30のみですので米国への輸出を重視しているのでしょうか。日本のOn30ファンには好都合ですし、カプラーはKDタイプだそうですので そのまま使えますね。

何より嬉しいのはその形状で、塗装を変えれば鉄道省やローカル私鉄の古典機としてもそのまま使えそうです。また改造車両のベースとしても面白そうですね。塗装済み完成品で270ポンド(45,000円)の予定だそうです。

Nacr600

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »