« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月25日 (月)

ミニトレインズ製品に関するお知らせ

ミニトレインズ(MinitrainS)製品につきまして二つお知らせがございます。
一つは再生産のお知らせです。長らく品切れになっておりました製品のうち、下記の製品が再生産されました。

MT-1021  ブリゲイドロック 0-8-0 タンク機関車(黒色) 単品

10213

MT-1022 ブリゲイドロック 0-8-0 タンク機関車(灰色) 単品

10222

MT-1023 ブリゲイドロック 0-8-0 タンク機関車(緑色) 単品

10232

MT-1601  ブリゲイドロック 0-8-0 タンク機関車(灰色) トレインセット

16013

MT-1602  ブリゲイドロック 0-8-0 タンク機関車(黒色) トレインセット

16022

MT-1603  ブリゲイドロック 0-8-0 タンク機関車(緑色) トレインセット

16031

MT-1401 ツイラータール 0-4-0 タンク機関車(緑色) トレインセット

8745877471

他にも客車・貨車など数種類が再生産されました。弊店には今週の入荷予定でございますので、これらの製品をご予約頂いておりますお客様には、入荷次第順次ご案内のメールをさせて頂きますので、どうぞよろしくお願いいたします。
なお、これらは6月1日より一般販売をいたします。

--------------------------------------------------------------------------------------------------

二つ目は価格改定のお知らせです。ミニトレインズ製品につきましては、2月9日付の弊ブログでもご案内いたしました通り、ミニトレインズでは既にカタログプライスが変更になっております。

製造原価の上昇やユーロ/円為替相場の変動によりまして、まことに申し訳ございませんが6月1日よりミニトレインズ製品の価格を改訂させていただきます。新価格は現行価格より10%程度の値上がりになります。

6月1日までは現行価格でご提供しますので、在庫のあるものにつきましてはお早目にお求め下さい。

なおご予約者様には現行価格でご提供させて頂きますが、新たにご予約をされる場合は新価格となりますので、よろしくお願いいたします。

2015年5月17日 (日)

軽便鉄道用木造貨車を発売しました

これまで軽便気動車や客車シリーズは多く作ってきましたが、何故か貨車は一つもありませんでした。
地味な存在ですが、貨車は軽便鉄道には無くてはならない車両です。
お客様からも軽便貨車のご要望がありましたので、今回まとめて典型的な軽便貨車を5車種作ってみました。

221245510

井笠 ボギー緩急車(後左)
駿遠線 ボギー有蓋貨車(後右)
駿遠線 ボギー無蓋貨車(中左)
仙北 2軸有蓋貨車(中右)
仙北 2軸無蓋貨車(前)

上回りはホワイトレジンです。ボギー貨車では妻板と側板が、2軸貨車では妻板、側板、床板が一体で出来ていますので、簡単に組み立てられます。

22122145

下回りは、ボギー貨車ではマイクロトレインズのMT-1011 アーチバー台車が、2軸貨車ではPECOのNR-121下回りキットが附属します。既製品を極力使うのは、走行重視と価格低減のためです。これは弊店の客車シリーズと同じ考え方です。

カプラーはマイクロトレインズのMT-1015がすぐに取り付けられる設計ですが、朝顔形カプラーを使われる方も多いと思いますので、キットにはカプラーは入っておりません。朝顔形カプラーもネジで取り付けられますので、お好みのものをご利用ください。

軽便貨車は更に数車種を用意しておりますが、ご希望がありましたらお知らせください。

2015年5月 5日 (火)

プラネット・モデル・ワークスさんの意欲作

プラネット・モデル・ワークス(Planet Model Worx)さんが凄いことになっています。
既にアレンタウン・レーベル・シリーズの第1弾と第2弾は発売しておりますが、第3弾が間もなく発売になる予定です。
アレンタウン・レーベル・シリーズはご案内の通り、Nナローの手作り一点もの限定販売品で、希少価値はこの上もありません。第3弾は根室拓殖鉄道の「ちどり号」とドイツ・フェルトバーンの「グマインダー(Gmeinder)」で専用貨車が附属します。

Nnarrow0901

Nnarrow1001

これが本当にNナローかと疑うくらい細密に出来ています。動力は別売ですが、弊店発売の6.5mmパワーマックス(PowerMAX!) が合うように作られています。

そしてさらに驚きなのは、Nナローのポーターを開発中なことです。当初はこのポーターもアレンタウン・レーベル・シリーズとして一点もので販売する予定でしたが、さすがにこのポーターは少数ですが(10セットくらい)量産されるそうで、アレンタウン・レーベルとは別のシリーズになるようです。

Nnarrowsl_006

Nnarrowsl_017

こちらも6.5mmのパワーマックスを動力としますが、写真でもお分かりの通り、Nナローとは信じられない超小型のロコです。こちらも楽しみですね。

驚きついでにもう一つご紹介しますと、間もなくOナロー(On18, 9mmゲージ)の細倉鉱山、浅野物産2トンGLが発売になります。
こちらは9mm用のパワパワークス(別売)を使用するロコで、ボディは塗装済み完成品、特製の塗装済み人形が附属します。10セットくらい作られるようです。
かがんで運転する人形のしぐさが、このロコの小ささを引き立たせますね。

Onarrow02_012

プラネット・モデル・ワークスさんのクラフツマン・シップというか、模型に取り組みむ姿勢にはいつも圧倒されます。殆どが手作りですので、工作機械で正確に作られた画一的な模型とは一味違います。モデルを見れば、何故手作りに拘っておられるのか分かるような気がします。

販売を始めましたらまたご案内いたします。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »