« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月28日 (火)

BVMの新製品です

久しぶりにBVM(ボールダー・バレー・モデルズ)から新製品が発表になりました。
Oナロー(On30)の単端式ボギー・レールカーです。

Previewrailbus

上回りはBVMの精密白色レジンです。綺麗に仕上がっています。
余談ですが、NGの客車・貨車も白色レジン製品ですが、BVMに影響されています。以前は、NGはBVMの日本代理店でした。BVMのダラスさんを勝手に師匠と決め込んでおりますが、キットの発想力やキャスティングの見事さは、未だ師匠の域に達しておりません。

それは兎も角、今回のデザインはややインパクトに欠けるようです。スタイルは平凡で、前方のエンジンボンネットはBVMマイティミジェットから流用したようです。
欲を言えばBVMらしい大胆なデザインのキットを欲しいのですが、年齢を重ねて少し保守的になられているのでしょうか。

下回りはバックマン・HO GE 45トン・ロッド式B-Bディーゼルですが、ロッド式の台車でクラシック感を醸し出そうという意図でしょうか。
ただし、単端レールカーなら全軸駆動にする必要もありませので、これはミスマッチと思います。別の下回りにするか、後方の台車はロッドを外すなどのほうが良さそうです。

BVMのキットは自己流に改造するのが基本ですので、その楽しみは与えてくれそうなキットです。
ボンネットには大きなヘッドライト載せ、前方にはカウキャッチャーを付けるなど、少し派手にしたいですね。
あるいは、詰めて2軸の単端にするのも面白いと思います。

2015年7月20日 (月)

F&C テンダー機関車の改造です

ミニトレインズのF&C 0-4-0 テンダー機関車を先週再発売しましたが、F&C テンダー機関車とトーマモデルワークスさんの「ボールドウイン車体改造キット」を使った作品の写真を、お客様(千葉県 Yさん)から頂戴しましたので、お許しを得て掲載させて頂きました。

Image1

2両並んでいますが、奥のテンダー機関車がそれです。キャブが丸屋根のアメリカンスタイルになり、いかにもボールドウインらしい味わいのある素晴らしいロコに仕上がっております。ストラクチャーもそうですが、塗装とウエザリングに卓越した技量をお持ちですね。

気になる手前のガーラットですが、キャブに注目です。このキャブは元のF&C テンダー機関車から外したキャブを利用されています。
ガーラットの動力台車は、津川洋行さんのコッペル動力ユニットを利用されています。キャパシタをキャブに積んで前後に配線されておられるとのこと、スムースに走行するそうです。
皆様も改造の参考にされてはいかがでしょうか。

2015年7月17日 (金)

ミニトレインズ製品が入荷しました

品切れでしたミニトレインズ製品のうち、下記の製品が入荷しましたのでご案内致します。

MT-1001 F&C 0-4-0 SL 黒機関車 ロゴ付き
MT-1003 F&C 0-4-0 SL 緑機関車 ロゴ付き

MT-1502 F&C トレインセット 0-4-0 SL 黒機関車 茶客車4両 ロゴ無し
MT-1504 F&C トレインセット 0-4-0 SL 緑機関車 緑客車4両 ロゴ無し

MT-1401 ツイラータール鉄道 セット

なお、下記の新製品は来週入荷・発売の予定です。

MT-1031 0-4-4 フォーニィ 黒機関車 茶キャブ ロゴ無し
MT-1032 0-4-4 フォーニィ 黒機関車 黒キャブ ロゴ付き

MT-5201 ブリゲイドロック テンダータンク 黒
MT-5202 ブリゲイドロック テンダータンク 灰

2015年7月15日 (水)

TDS スーパーソニック スピーカーです

大人気のシュガーキュービック・スピーカーに新型が登場しました。TDSのスーパーソニック スピーカーです。
TDSというメーカーは初耳という方も多いと思いますが、DCCの老舗サイト、「トニーズ・ドリーム・エクスチェンジ」(Tony's Dream Exchange)と言えば懐かしく思われる方もおられると思います。そのトニーズ・ドリーム・エクスチェンジが開発したスピーカーがTDS(トニーズ・ドリーム・スピーカー)です。

TDS スーパーソニック スピーカーはサイズによって、ミニ・スピーカーとスモール・スピーカーの2種類あります。何れも8オームで出力は1ワットです。

スピーカーとエンクロージャーは別売で、スピーカーのみでも使えますが、大きな音量をご希望な場合はエンクロージャーと組み合わせてご使用ください。

5512456021

TDS スーパーソニックスピーカーは既発売のZIMOシュガーキュービックスピーカーよりサイズが大きいです。搭載スペースに合わせて、下記のいずれかからお選びください。

ZIMO 8128 スピーカー     8×12×8mm (エンクロージャー付き)
ZIMO 10158 スピーカー    10×15×8mm (エンクロージャー付き)
ZIMO 101511 スピーカー   10×15×11mm (エンクロージャー付き)

TDS ミニ スピーカー            11×15×3.6mm (スピーカーのみ)
TDS スモール スピーカ        13×18×2.5mm (スピーカーのみ)
TDS ミニ スピーカー            13×17×7.6mm (エンクロージャー付き)
TDS スモール スピーカ        15×20×9.5mm (エンクロージャー付き)

なおTDS スーパーソニックスピーカーの発売により、同系列のQSI カンタムスピーカーのうち、マイクロオーバルスピーカーは製造中止になりました。

2015年7月13日 (月)

パワーマックスを使った新製品です

シーライオン工房の「駒形石灰の加藤5トン」は昨日再販致しました。この製品の再生産は最後となると思いますので、お買い逃がしのないようにお願いいたします。

さて、パワーマックス(6.5mm/9mm)を使う新製品がSEARAILSより発表されていますので、ご紹介します。
トム・ナープさん製造のボデイは下記の3種類出るようです。

先ずはNナローのボックスキャブです。こちらは2種類あり、鋼製タイプと木製タイプがあります。こちらは各20台の限定生産です。

452_steelside

鋼製タイプ ボックスキャブ

452_woodside

木製タイプ ボックスキャブ

そして面白いのはユニークなレールバンです。カウキャッチャーとホーンの着いた超ショートのボディは漫画チックではありますが楽しい車ですね。
こちらはHOナローまたはNナローで、各10台を作るようです。

264_railbusprototype

まだ試作品はありませんが、どんなのが出来てくるのか楽しみです。どなたかOナローで作られては如何ですか。

2015年7月 8日 (水)

HOナローのバテロコです

先日弊ブログでNナローのシェイをご紹介しましたが、その前にバテロコが先に出そうです。
パワーマックス(PowerMAX!)の発売元、米国シーレールズ(SEARAILS)のH.P.に、パワーマックス9mmを使ったバテロコが登場しました。
http://www.searails.com/locomotives/specialengines.html

ご覧の通り米国ジェフリー(JEFFREY)社製の鉱山用バテロコです。

312_jeffreywmtlcouplers

ボディは盟友トム・ナープさんの設計による精密ブラス・ロスト製です。人形は付属しておりません。

このバテロコ1両と鉱車3両がセットになっていて、市販価格は700ドルくらいとのことですが、ご希望でしたら予約を承りますのでご連絡ください。

2015年7月 5日 (日)

森 戦前型の再販売について

シーライオン工房の新作「森製作所戦前型4・5トン内燃機関車」キットを月曜日に発売したのですが、半日で完売してしまいました。お買い求めになれなかった方も多いと思います。

通常ですと再生産するのですが、あまりにも繊細すぎてエッチング屋さんもためらっているとか。再生産は難しいようです。
そこで、シーライオン工房さんのご好意により、手持ちの予備キットも全て放出して頂けることになりました。
僅少ですが本日発売いたしました。

R0011307

なお、複数セットご購入の方にプレゼントされるレジンエンジンは在庫が無くなりましたので終了させて頂きます。森のデカールはまだあるようです。

2015年7月 3日 (金)

Nナローのシェイです

超小型・高性能の動力ユニット、パワーマックス (PowerMAX!) を製造しております米国シーレールズ(SEARAILS)より、パワーマックスを使った小型シェイが発売になるようです。
試作品の写真が届きましたのでご紹介いたします。

Nn3_2_truck_shay

Nn3 (1/160、6.5mmゲージ)の3シリンダー、2トラックのシェイです。
良く見ると後方の台車とコールバンカーに6.5mmのパワーマックスが搭載されています。この小ささですので、さすがにシリンダーやべベルギヤなどはダミーで、ドライブロッドもありませんが、シェイの雰囲気はよく出ています。強力なパワーマックスの走りと牽引力で、山の人気者になりそうです。

メタルキャストの車体にエッチング板によるディテールパーツが付き、前後のライトは点灯します。
黒の塗装済み完成品で、今年の夏ごろに発売する予定だそうです。値段は500ドルくらいのようです。

当初は品薄になると思いますので、ご希望の方がおられましたらお早目にご連絡ください。ご予約を承ります。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »