« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月23日 (月)

沼尻のセタです

沼尻鉄道で硫黄鉱石の輸送に活躍したセタ無蓋車を発売しました。
このセタは昨年ある会合でモデラーの方よりリクエストがあったものです。何やら安価で走りの良いセタをたくさん欲しいとのことでした。

もちろん沼尻のセタはこれまでもJ社やMW社などから発売されていますし、所有されている方も多いと思います。中にはスケールモデルに近い精密なものもありますので、今更作るまでもないのですが、どうやら金属モデルゆえの悩みもあるようです。

先ずは価格の問題です。単価が高いと編成ものでは辛いです。そして何より問題なのは重量です。非力な2軸DLでは重い貨車の編成は牽けません。貨車は軽いほどいいのですが、余り軽くすると空車時に走行が安定せず、脱線の原因になりますので、そこそこの重量は必要です。

この価格と重量の問題を同時に解決するため、上回りは精密レジンボデイの一体もので、下回りはホワイトメタルで作りました。これで重心が下がり安定します。また車輪の精度が走行性能に影響しますので、輸入品の4.4mm金属車輪を使っています。

さらに使い勝手を考慮して、カプラーは朝顔形でもKDタイプでも改造なしで両方取り付けららるようにしてあります。編成ものの両端はKDタイプで、中間は朝顔形でつなぐのも良いでしょう。

沼尻のセタのような軽量小型貨車は、単に車体の細密さだけでなく、重量や走行性能、あるいはモデラーの使い勝手等も考慮しておく必要があります。昨年から発売まで半年かかりましたが、色々勉強させてくれたモデルでした。

55212455

2016年5月13日 (金)

MinitrainSのナローレール

MinitrainSの2016年カタログに掲載されていましたナローレールが、いよいよ発売されるようです。
昨日の情報では、今月中にパッケージを終え、来月早々にも販売する予定だそうです。値段はまだ分かりません。

このナローレールは半径が140mmの曲線レールと同曲率の左右ポイント、および3種類の長さが異なる直線レールが用意されています。当然ながら、ブリゲイドロック・Dタンクを含め、現在発売中のMinitrainSの車両はすべて問題なく使えます。エガーバーンも問題ないと思います。

994110110

このナローレールはPECO製かMinitrainSのオリジナル製品か分かりませんが、最近発売されたPECOのナローポイントとは枕木間隔が異なるので(MinitrainSのほうが広い)別物のようです。

いずれにしても実感的な9mmナローレールはマニアには大歓迎でしょうし、更に曲率の異なるものやフレキシブルレールなど、トラックシステムの充実を願いたいところです。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »