« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月18日 (木)

音水森林鉄道/王滝森林フェスティバルの酒井です

Sea lion工房より最新作キットが届きました。音水森林鉄道/王滝森林フェスティバルの酒井5トン機です。ひっそりと消えた音水森林鉄道の新台枠バージョンの酒井と王滝森林フェスティバルで動態保存されている王滝森林の132号機 酒井の、いずれかを作ることが出来ます。

R0011896

R0011897

屋根に水タンクを付けた音水森林の酒井とエメラルドグリーンの大滝森林の酒井

このキットはボディキットで動力は入っておりません。その分お安くご提供出来ます。
価格は9,000円(税込)です。
動力には弊店の9mm用 PoweMAX!か、KATOのNゲージ ポートラムの動力台車を使用してください(別売)。

明日より東京ビッグサイトにて開催される第17回国際鉄道模型コンベンション(JAM)のレールマーケットに出店しますので、そこで販売いたします。
売れ残りましたら、弊店のサイトで販売しますので宜しくお願いいたします。

2016年8月16日 (火)

MinitrainSのトラックシステムを発売しました

MinitrainSの9mm用線路を発売しました。
この線路はかねてから開発中でしたが、満を持して発売されました。ナロー用線路としては既にシンハラやPECOがありますが、この線路の特長は何よりエガーバーンと同じサイズの線路長と曲率140mmRで構成されていることと、枕木間隔が同じに出来ていることで、エガーバーン線路の復刻版と言っても過言ではありません。

エガーバーンの線路と若干異なる点は、枕木の色がエガーバーンは黒ですがMinitrainSでは茶色になっています。またMinitrainsの枕木のほうが幅が広いです。
見逃せない点は、これらの線路はドイツ製であることです。MinitrainSは車両の製造は中国ですが、線路はドイツ製になり、しっかりした作りになりました。

66124589

それまでのMinitrainSの線路はPECO線路を流用してましたので、独自の線路システムを開発したようです。恐らくこれからも様々な線路が続々と登場するような予感がします。
140mmRでも小さいですが、更に小さな曲率の線路やフレキシブル線路も欲しいですね。

500700124
94561254877


次の国際鉄道模型コンベンション(JAM)にて販売しますので、どうぞご覧ください。

2016年8月13日 (土)

ツイラータール鉄道の黒クラウス

MinitrainS新製品紹介の続きです。ツイラータール鉄道のオリジナル蒸機MT-1042です。
前にも少し述べましたが、このロコは厳密には新製品ではありません。初回生産が少数だったため、H.P.では販売せず、模型市等で限定販売しました。その後永らく再生されませんでしたが、先月やっと再生産されましたのでH.P.では新製品の扱いにしています。

1042
ツイラータール鉄道オリジナル蒸機 MT-1042

ご存じの通り、このロコはツイラータール鉄道のホビーロコNo.6の黒バージョンです。ホビーロコNo.6はカラフルな塗装で、カラフルな客車とともにツイラータール鉄道の名物ロコです。

6678945
ツイラータール鉄道トレインセット MT-1401

ホビーロコNo.6は1916年製造のクラウスです。ツイラータール鉄道の蒸機はNo.1からNo.6までしかありませんので、黒色オリジナル蒸機のNo.8は架空のナンバーか、同時期に製造された同型機かもしれません。

いずれにしましてもこの黒色クラウスは人気のロコです。先月末に発売を始めましたらあっという間に売り切れました。このため急遽再注文して、昨日に追加分が入荷しました。

MinitrainSのH.P.でも数量限定の再生産と謳っておりますので、在庫は少ないものと思います。ヨーロッパの香りが漂う希少なクラウスを、この機会にぜひお求めください。

2016年8月10日 (水)

3代目のMinitrainS コッペル

今回のMinitrainSの新製品の中で一番ご予約やお問い合わせが多かったのがコッペルシリーズです。このコッペルもこれまでに少しづつ改良を続け、今回の新製品で3代目になりましたので少し解説をいたします。

5031

写真は3代目コッペルです。

MinitrainSのコッペルはエガーバーン2号機のコッペルの復刻版として初代が登場しました。初代はスプリットフレームによる集電とロッド伝動、赤エンドビームでした。

2代目はブラシ集電とギヤ伝動、黒エンドビームとガラリと変わりました。そして今回の3世代目はブラシ集電とギヤ伝動ですがエンドビームが赤に戻りました。

3代目のデザインはオリジナルのエガーバーンに近く、定評のあるMinitrainSの安定した走りを引き継いでいますので、歴代のコッペルでは一番の出来ではないかと思います。

エガーバーンから3代目コッペルまで4両の違いを写真を交えて説明するつもりでしたが、ドイツの小型蒸機に造詣の深いMoin Moinさんがブログに詳細に解説して頂きましたので、そちらをお読みください。参考になります。

2016年8月 2日 (火)

MinitrainSのトラックシステムが出ます

次回からMinitrainSの新製品についてご紹介する予定でしたが、MinitrainSのトラックシステムが急遽発表されましたので、こちらを先にご紹介します。
http://www.minitrains.eu/mt-acc.html

このトラックシステムは以前からアナウンスされていたものですが、詳細は公表されておりませんでした。
基本的な直線レールは154mm、曲線レールは140mm半径です。ブリゲイドロックのDタンクも通ります。左右ポイントは非選択式でDCCにも対応しているようです。

このトラックシステムのサイズは、かってのエガーバーンのトラックと全く同じ寸法です。従って、エガーバーン・トラックシステムの復刻版とも言えると思います。

11188845210

PECOのナロートラックより枕木間隔が広く、レールはCode83で、小さなレイアウトには最適のナロートラックと思います。PDFはこちらをどうぞ

発売は未定ですが、弊店には来週にも初回分が入荷する予定です。入荷しましたらお知らせします。
このトラックを使ったミニレイアウトがどんどん作られることを期待しております。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »