« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

軽便祭記念製品です(3)

ブルックビルロコを塗装しました。米国の産業用ロコは実用本位の地味な色が多いのですが、ちょっとだけお洒落して、明るい黄緑色にしてみました。

下回りの特徴的な腰高の鋳造フレームはいわゆるガンメタ塗装です。ミスターホビーのメタルカラー・ダークアイアンですが、簡単にメタルぽい色になるのがいいですね。

キャビンはガラガラで寂しいので人形でも載せましょうか。

8801478578

8800124587

ブルックビルはわが国には殆ど輸入されず知名度は低いですが、ホイットコムと並び称されるメーカーです。ナベトロや鉱車、運材車などを牽くには好適なロコですので、様々なシーンで似合うと思います。

軽便祭記念製品ですので会場でのみ販売します。売り切れることはないと思いますが、軽便祭にお越しになれない方、あるいは売り切れが心配な方はご予約を承りますので、どうぞご連絡ください。(予価4,800円)

2016年9月28日 (水)

軽便祭記念製品です(2)

軽便祭記念製品のブルックビルですが、部品が一部揃いましたので仮組みしてみました。
ご覧の通りですが、ボディはホワイトレジン、屋根やボンネットのルーバー、フロントグリルなどはエッチング板、カプラーポケットはロスト部品、ヘッドライトはホワイトメタルなどです。

2211012458

レジンのボディは写真では白飛びして細部が良く分かりませんが、BROOKVILLEの文字など綺麗に出来ています。サフ吹きするとディテールがはっきりします。

次は塗装ですが、何色に塗りましょうか。実用本位のブルックビルは、米国ではアイボリーや灰色など地味な目立たない塗装が多いのですが、折角ですから赤や緑など目立つ塗装にしてみましょう。

特に問題もなさそうなので、予定通り軽便祭会場で発売予定です。

2016年9月26日 (月)

軽便祭記念製品です

第12回軽便祭まで残り2週間を切りました。遅ればせながらNGは今年も記念製品を用意しています。
昨年は歌登町営軌道の超小型自走客車(マイクロレールカー)を出しましたが、今年は何にするか春先から考えておりました。

候補は色々あったのですが、軽便ものや産業ロコは大方のものは殆ど模型化されていますし、かといって極めてマイナーなものは大して売れそうもありません。そこで今年は思い切って海外ものにしました。これなら万一売れ残っても海外に需要があるのではないかという魂胆です。

選んだのは個人的にも大好きなブルックビルです。プリムスやポーターのように有名ではありませんが、ブルックビルは米国では大変人気のある産業用ロコです。
窓ガラスもないシンプルな構造と頑丈なフレーム、大きなカプラーポケットなど、実用本位の設計で、お世辞にもスマートとは言えませんが、そこが何とも愛らしいスタイルです。

660147145

660010012

まだ一部の部品待ちで今月中には揃いますが、試作品が出来上がりましたら写真をお目にかけます。
動力はTOMYTECの鉄コレ「2軸電動車用B」動力ユニット(TM-TR02)です。

この可愛いブルックビルロコは軽便祭会場限定販売(50セット)ですので、どうぞお見逃しなく。

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »