« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

MinitrainSのバグナル(4)

新製品バグナルの図面が入りました。こうして見るとやはり愛嬌のある可愛いロコです。
このウイングタンクですが、ここにウエイトを載せて前後のバランスを取っているのではないでしょうか。これが無いと後ろにつんのめりそうですね。

9900100129

下回りはコッペルやクラウスなどMinitrainSの小型2軸ロコと同じですが、 ホイールベースが17.04mmです。いかにも半端な値で、丁度17mmとしても良さそうなものですが、これから二つのことが類推されます。

先ずはMinitrainSの設計の最小単位が0.01mm(10ミクロン)であることです。
MinitrainSのスムースな走りは、高性能モーターやフライホイールが貢献していると思っておりますが、それだけでなく、フレームの精度もかなり高いのではないかと思っておりました。金属でも、プレス加工やエッチング加工では10ミクロン単位の精度は難しいですし、NC加工機でも使わないと出せない精度と思います。

更にもっと大事な点があります。何故17.04mmなのでしょうか、17mmではない理由が何かあると思います。
たまたま小型のパワトラやシャーシを設計していますので分かるのですが、ホイールベースは最初に考える基本寸法で、それに合わせてギヤのサイズや配置を考えます。つまりホイールベースの確保が絶対で、ギヤのサイズや配置は従になります。それゆえギヤは設計上の理想的な寸法/配置にならず、遊びで逃げることになります。

これに対し、MinitrainSの思想は、走りのための理想的なギヤサイズや配置が優先で、結果的にホイールベースが多少違っても構わないのでしょう。あくまで走り優先の思想が設計段階から貫かれているのだと思います。

あくまで勝手な推論ですので的外れかもしれませんが、MinitreinnSの極めてスムースな走りには随所に秘密がありそうです。

なおバグナルの入荷状況ですが、ドイツはすでに出荷しておりまして、今週末くらいに入荷する予定です。

2016年11月28日 (月)

新型パワトラを開発中です(2)

昨日は横浜市内の某所で模型仲間の会合がありましたので、このパワトラも持参しました。ナローのベテランさん揃いで、忌憚のないご意見を拝聴出来るので、辛辣なご批判を覚悟しておりましたが、意に反して特にご批判は出なかったです。それどころかその場で数名の方からご予約まで頂戴しました。
ご意見を賜って製品化を考えたいと思っていたのですが、こうなったら作らざるを得ないですね(笑)。

このパワトラの取り付けはどうするのかとのご質問がありました。両面テープで固定してもよいのですが、一応、専用の取付けブラケットも用意しております。

66010012544

黒い部分が取付けブラケットです。

660124589

このブラケットはPowerMAX!と同じ方式で、前方はモーターの取付ネジで、後方はフレームのネジ穴に取り付けます。ブラケットはオプションで発売します。

それとやはり値段に関するご質問が多かったです。まだ決めておりませんが、出来ればPowerMAX!の半分以下にしたいです。何だかんだ言ってもPowerMAX!は一流品ですし、このパワトラはB級品ですので、値段は安くしないといけませんね。

2016年11月25日 (金)

新型パワトラを開発中です

突然ですが、9mmゲージ用の小型パワトラを開発中ですのでご紹介いたします。弊店には超小型のPowerMAX!もありますが、極めて優秀なパワトラながらも1種類のサイズでは様々なニーズに対応できず、もう少し違うサイズのパワトラがあってもいいなと思って開発を始めました。

例えばPowerMAX!はWBが11mmで車輪径は5mmですが、これ1種類のサイズしかなく、WBが12mm以上で車輪径が6mm以上のものがあると、内燃機関車や2軸単車の動力として使い勝手がよいと思います。つまり極小サイズはPowerMAX!で、小型サイズはこのパワトラでカバーする計画です。

また販売店側から言うのも大変恐縮なのですが、PowerMAX!はやはり高価ですので気軽にはお使いにはなれず、もう少し安いパワトラが欲しいと思われる方もおられると思います。そこでPowerMAX!の兄貴分となる小型のパワトラを試作してみました。

4410125487

上の図はWB-12mm、車輪径7mmのものです。このほかにWB-14mmや車輪径6mmのものも開発しています。つまりWBと車輪径の組合せで4種類のパワトラになります。またWB-16mmや、車輪径8mmのものも計画しています。ここまで広げると9種類の組合せになります。

9912458
左はWB-12mm、車輪径7mm、右はWB-14mm車輪径7mmのモデルの試作品です。

9911012457
ギヤ比はパワーマックスとほぼ同じで、スムースな低速走行が可能です。試作品は快調に走っております。
明後日に模型仲間の会合がありますので、モデラーのご意見を伺ってから製品化しますが、早ければ来月の発売を計画しています。価格を抑えるためキットでの販売を考えています。

2016年11月23日 (水)

MinitrainSのバグナル(3)

新製品のバグナルですが、MinitrainSから別の写真が届きました。

994124587_2

前の写真と同じレイアウトで別のアングルのようです。左右のデザインが違うわけでもありませんが、バグナルはどの角度から見ても可愛いです。いわゆる癒し系ですね。

2016年11月20日 (日)

MinitrainSのバグナル(2)

MinitrainSからいよいよバグナルが発売になりました。
http://www.minitrains.eu/index.html

どこか愛嬌のある可愛いロコです。ご承知の通り、バグナルはわが国にも多く輸入され軽便鉄道や森林鉄道で活躍していました。このウイングタンクロコは松浦炭鉱の1,2号機を彷彿させます。少し手を加えれば味噌汁軽便に似合いそうです。

201112

まだ入荷時期や個数は未定ですが、結構人気が出そうです。早めの入手をご希望でしたらご予約ください。
予価は19,000円です。何故か コッペルやクラウスより安いのは嬉しいです。

MT-2012 バグナル ウイングタンク マルーン

2012m

MT-2011 バグナル ウイングタンク ブラック

2011m

2016年11月18日 (金)

MinitrainSのドコービル?

前回、MinitrainSの新製品発表の件で、ドコービルも出ると嬉しいなと呑気なコメントを書いてしまいましたが、自分でMinitrainS改造ドコービルを作っていたのをすっかり忘れておりました。少しボケたのしれません。

MinitrainSのF&Cテンダーロコはアウトサイドフレームなので、この下回りをそのまま使ってドコービルタンクロコに仕立ててみました。

9945128758

可愛いロコですが如何でしょうか。評判が良ければ改造キットとして販売しようと思っていたのですが、実は先回のN●Jの会合にこっそり持ち込んで展示してみたのですが、特に反応もなかったので、その後はお蔵入りしてしまいました。この会は凄腕のモデラーさんばかりなのでレベルが高く、お気に召さなかったのかもしれません。

こうなったらMInitrainSをけしかけて製品化するように言いましょうか(笑)。

2016年11月16日 (水)

MinitrainSのバグナルが出ます

MinitrainSからバグナルが出るようです。まだMinitrainSからは出荷連絡はありませんが、写真はネットに出回っています。

551245896

ご覧の通りのバグナル・ウイングタンクロコで、色は黒とマルーンの2種類です。足回りはコッペルやクラウスと同じ動力ですので、走りは良さそうです。

それにしても、このバグナルはMinitrainSの2016年カタログにも無く、新製品の予告も全くありませんでしたので、意外な登場でした。
コッペルやクラウスとドイツの蒸機が続きましたので、英国のバグナルになったのかもしれません。英国の009ソサイエティが噛んでいるのかもしれません。
ならば、次はフランスのドコービルとか、日本の雨宮なども作ってくれると嬉しいですね。

このバグナルは間もなく発売するそうです。この愛嬌のあるバグナルは人気が出そうです。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »