« MinitrainSからメリークリスマス!(3) | トップページ | MinitrainSからメリークリスマス!(4) »

2017年4月 9日 (日)

Nパワーの集電板

Nパワーの集電は01tのリン青銅板を折り曲げますが調整が難しく、接触不良で走りがぎくしゃくすることがあるようです。
コンさんはベリリウム銅線を半田付けする方法を紹介されておられ、良好な結果を得ておられます。これも良い方法と思いますが、半田付けをしなくても接着剤とドライバーだけで簡単に組めることに拘っている手前、あえてリン青銅板の曲げ方を工夫してみました。

オリジナルの曲げ方はブラシ部分を2段に曲げて、車輪の裏面にブラシが面接触する方法でした。これは車輪への接触面積が大きい反面、きれいに面接触させるのが難しいです。また曲げ部分の長さが短かく、車輪への面圧が小さくなりますので調整が難しいです。うまくいけば一番いい方法なのですが、調整の難しさは残ります。

そこで別の曲げ方を試してみました。ブラシの曲げは1段で、かつブラシの先端を折り曲げます。
車輪とブラシとは線接触になりますが、難しい調整は不要で、車輪への面圧もオリジナルの曲げ方より大きくなりますので良好な結果が得られました。先端を曲げるのは先端部の形状を曲線にするためで、車輪との接触抵抗を減らせます。

9945110101

写真の上がオリジナルの曲げ方で、下は新しい曲げ方です。もちろんオリジナルの曲げ方で問題なく集電が出来ている方はあえて変える必要はありませんが、集電がぎこちない方は一度お試しください。なお、Nパワーの組立説明書は新しい曲げ方に変えました。

この曲げ方は、いかにも自分で考えたようですが実は違います。超小型のパワトラPowerMAX!の集電ブラシがこの方法でした。灯台下暗しでしたが、PowerMAX!の快走の陰には様々な工夫があるようです。

« MinitrainSからメリークリスマス!(3) | トップページ | MinitrainSからメリークリスマス!(4) »

HOナロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577529/65128025

この記事へのトラックバック一覧です: Nパワーの集電板:

« MinitrainSからメリークリスマス!(3) | トップページ | MinitrainSからメリークリスマス!(4) »