« MinitainSの新たな動きです | トップページ | MinitainSの新たな動きです(2) »

2018年4月22日 (日)

九十九里鉄道の雨宮キハ201です。

九十九里鉄道のキハ201を再生産しました。
キハ201は昭和の初期に雨宮製作所が製造した半鋼製車体の単端式ガソリンカーです。
お世辞にもスマートとは言えぬ武骨なスタイルが魅力の単端です。

2214587447

この単端は以前に販売しておりましたが永らく欠品のままでした。ボディキットで動力は自作されるか、又はバンダイのBトレショーティ用動力ユニット機関車用が使えるように設計しておりました。

25478457

ところが何故かバンダイの動力ユニットが再生産されず、マーケットには全くない状態です。バンダイの動力ユニットは小型車両用の動力として気に入っているのですが再生産の目途も無く、KATOのチビ凸用動力ユニットを使うことにして下回りを再設計しました。

Kiha_201_katoa

ついでにバリエーションとして側板に点検蓋のないモデルも発売しました。キハ201は晩年はエンジンも外され、客車として使用されていましたが、その頃のモデルです。動力ユニットなしで客車としても使用出来ますし、廃車体でもいいですね。

Kiha_201_katob

簡単に作れますので、お好みの車体で気楽に走らせて頂ければ幸いです。

Dscn2920

« MinitainSの新たな動きです | トップページ | MinitainSの新たな動きです(2) »

HOナロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577529/66638445

この記事へのトラックバック一覧です: 九十九里鉄道の雨宮キハ201です。:

« MinitainSの新たな動きです | トップページ | MinitainSの新たな動きです(2) »