« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月29日 (日)

MinitainSの新たな動きです(2)

前々回の弊ブログでもお知らせしましたが、MinitrainSの代理店業務を他社様にお願いすることに致しました。
幸いにも国内鉄道模型業界最大手のKATO様がお引き受けいただくことになりました。
既にKATOホビーセンター東京様にて一部商品の展示販売を開始されました。これから徐々に商品も拡大されると思います。

ご承知の通り、KATO様は国内はもとより海外にも強力な製品販路を持っておられますし、サポート体制も確かですので、MinitarinSにとってもメリットは多いと思います。

KATO様にとっては他社の猫屋線も気になるのでしょうか、ナローへの展開が頭にあると思いますが、具体的なものはまだお持ちではないようです。もしもナローに本格的に参入されるなら弊店も積極的に応援したいと思います。

まだ調整は終わっておりませんが、今後弊店はMInitrainSの代理店から販売店に回り、KATO様から仕入れて売ることになりますので、MinirainSの販売は従来通り継続します。
引き続きご愛顧のほど、よろしくお願い致します。

2018年4月22日 (日)

九十九里鉄道の雨宮キハ201です。

九十九里鉄道のキハ201を再生産しました。
キハ201は昭和の初期に雨宮製作所が製造した半鋼製車体の単端式ガソリンカーです。
お世辞にもスマートとは言えぬ武骨なスタイルが魅力の単端です。

2214587447

この単端は以前に販売しておりましたが永らく欠品のままでした。ボディキットで動力は自作されるか、又はバンダイのBトレショーティ用動力ユニット機関車用が使えるように設計しておりました。

25478457

ところが何故かバンダイの動力ユニットが再生産されず、マーケットには全くない状態です。バンダイの動力ユニットは小型車両用の動力として気に入っているのですが再生産の目途も無く、KATOのチビ凸用動力ユニットを使うことにして下回りを再設計しました。

Kiha_201_katoa

ついでにバリエーションとして側板に点検蓋のないモデルも発売しました。キハ201は晩年はエンジンも外され、客車として使用されていましたが、その頃のモデルです。動力ユニットなしで客車としても使用出来ますし、廃車体でもいいですね。

Kiha_201_katob

簡単に作れますので、お好みの車体で気楽に走らせて頂ければ幸いです。

Dscn2920

2018年4月 6日 (金)

MinitainSの新たな動きです

4月に入り新入社員や新入学児童の話題を耳にすると、こちらも新たな気持ちが沸き上がり頑張ろうと思います。
既存販売業務の見直しと新製品の開発、新商品の発掘などを積極的に進めるつもりですが、まずは弊店が代理店をしておりますMinitrainS製品の業務を他社に移管する検討を進めています。

MinitrainSとは現在のドイツMinitrainSが創設以来のお付き合いです。当初はエガーバーンの復刻版の販売など大した取り扱い量でもありませんでしたが、MinitrainSはその後も順調に業務を拡大し、皆様ご存知の通り、現在では当時の十倍を超えるモデルを製造をしております。代理店としてはまことに有難い限りでありますが、今後も急速に拡大を続けますと、弊店のような超零細企業には、いずれ手に余るのも見えております。

MinitrainSとも協議しておりますが、ここらで国内大手企業に代理店業務をお任せしたほうが良いのではないかと思っております。まだ調整中のため現時点ではこれ以上のことは申せませんが、大手企業にお任せすることで、流通が改善され、ストックの増加や全国展開なども促進されると思います。

もちろん国内大手企業様が代理店を引き継がれましても、弊店がMinitrainSの販売をやめるわけではありません。大手企業様とともに販売は続けますのでどうぞご安心ください。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年5月 »