« 2018年4月 | トップページ

2018年5月

2018年5月 8日 (火)

MinitrainSの価格を改定しました

前にお知らせしました通り、MinitrainSの代理店業務は弊店から鉄道模型大手のKATOに移管されました。
既にホビーセンターカトー東京ではMinitrainS製品の展示販売が始まっておりますが、いつもどおりMinitrainSからの仕入れが安定していないようで、KATOホームページでの通信販売や小売店様への卸し業務など、本格的な営業の開始にはいま少し時間が掛かりそうです。

いずれにしましても今後はKATOがMInitraiSを取り扱いますので、販売価格はKATOの価格となります。そこで弊店のMInitraiSの販売価格もKATOの価格に合わせまして全面改訂を致しました。
物によりましては多少高くなったり安くなったりするものもございますが、大きくはそれほど変わりませんので宜しくお願い致します。

2018年5月 6日 (日)

昔の名前で出ています。

「バッファローランディング」はOナローファンの方には聞いたことのある名前だと思います。数年前まで弊店でも販売しておりましたし、大変人気のある製品でした。
「バッファローランディング」はニュージーランドのメーカーですが、最近は音沙汰がなくてっきり廃業したものの思っておりましたが、数か月前にひょっこり連絡があり、細々と営業を続けているとのことでしたので、再販売することといたしました。

この会社は、前は「ザモデルカンパニー(TMC)」の名前で、鉄道模型や人形、自動車模型などを製造しておりましたが、そこから鉄道模型部門が独立したのが「バッファローランディング」です。ホワイトメタル製品で定評があります。

名前に見る通り、ニュージーランド人ながら米国のナローが大好きで、特にウエストサイドランバー鉄道に拘っており、そこのプリムスやミルウオーキーなどを模型化しています。
下の写真はウエザリングしたOn30プリムスの完成見本ですが拘りを感じますね。

Plymouthweathered

それと同時にウエストサイドランバー鉄道の従業員の人形も発売しました。
前に聞いた話では、当時のウエストサイドランバー鉄道の従業員の体形や服装、仕草などを忠実に再現したそうで、そのために現在の米国人よりもやや小柄のため、日本人として使っても合うのではないかと言っておりました。

Bf1_2

Oナロー界はバックウッズやBVMなど大手が相次いで廃業し寂しいですが、「バッファローランディング」の再登場は嬉しい限りです。Oナローが活性化するといいのですが。

2018年5月 4日 (金)

鉄分補充の小旅行

親友のT先生からお誘いがあり、お仲間の仙台のK先生と3人で仙台近郊の小旅行をしてきました。
最初は栗原市の「くりでんミュージアム」を訪れました。ここは昨年の4月にオープンしたそうで、学芸員の方のご案内でくりでんの保存車両や展示物を詳細に見せて頂きました。ここには保存車両はもちろんのこと、木造の機関車庫や客車庫も当時のまま保存され、庫内の一角には当時の古い工作機械群もそのまま残されています。
地鉄ファンの方にはたまらない場所と思います。

Dscn2925

Dscn2927

Dscn2929


次に細倉鉱山の「細倉マインパーク」を訪れました。お目当ては浅野物産の超小型2トンガソリン機関車とニチユの2トンバテロコでしたが、バテロコは場所が変わったようで見当たりませんでした。
浅野のGLはフォードのエンジンと思いますが、野外展示のせいかフードが閉じていて、エンジンを見ることはできませんでしたが、やはり魅力的な機関車です。いつか模型化したいと思いました。

Dscn2940

Dscn2937


最後が今回の旅行の目的でもあります「登米市歴史博物館」に行きました。同館では3月20日から5月27日まで「仙北鉄道の特別展」が開催されています。同行のT 氏もK氏もこの展示に関わっておられるそうです。

Dscn2949

441547877


あいにく写真撮影は不可とのことで展示内容をお見せできないのが残念ですが、仙北の貴重な展示品や図面・写真などがありました。また廃線前の仙北鉄道の映画も上映されていて、貴重な映像資料でした。仙北の車両の模型も展示されていましたが、少し寂しいので仙北のレイアウトでもあればと思いました。

特別展は今月まで開催されていますのでナローファンの方は訪問されてはいかがでしょうか。

« 2018年4月 | トップページ