« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月27日 (水)

モジュール0.25のギヤを発売しました。

模型車両の三大構成部品は、モーターと車輪とギヤではないかと思います。どれが欠けても走りません。この大事なギヤに最近異変が起きていました。

自作車両や交換部品用として模型屋さんで広く販売されていました「だるまや」さんのモジュール0.25のギヤが店頭から消えてしまったのです。ご高齢による廃業と聞いておりますが、ギヤが無なければ自作車両どころではありませんし、このままでは鉄道模型の衰退にも繋がりかねませんので、この事態に危機感を持っておりました。

KKCを主宰されておられる仙台のK先生も同じ危機意識を共有しておられましたので、だるまやさんと同等のギヤを我々が供給できないか相談を重ね、ここに何とか発売することができました。

ギヤの基本仕様(歯数、孔径、厚さなど)はだるまやさんと同じです。また材質もだるまやさんと同じにしました(ウオームは洋白、右ヘリカルはリン青銅、左ヘリカルは真鍮)。そして値段もだるまやさんとほぼ同じ価格でご提供することにしました。
全て特注の多品種ギヤですので、正直、この価格では苦しいのですが、ボランティア精神で頑張ります。

今回発売したギヤは、モジュール0.25のウオーム、歯数16枚、20枚、28枚、36枚の右ヘリカル(ウオームホイール)と、歯数19枚、歯数35枚の左ヘリカル(ウオームホイール)です。まだ、だるまやさんのギヤを全て取り揃えているわけではありませんが、引き続き、残りのギアも製造していきます。

Dscn3005

アイボリーはウオームギヤセット、グリーンは右ヘリカル、ピンクは左ヘリカル、グレイはウオームです。

2018年6月22日 (金)

MinitrainSのこと

MinitrainSの新製品のドコービルはお陰様で在庫分の販売は終了致しました。
黒は未入荷でしたし、赤や緑は入荷数が少なかったせいもあるのですが、やはり久しぶりの新製品で人気が高かったのだと思います。ご購入された皆様にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

さてドコービルが品切れになったせいもあるのでしょうが、次にいつ頃入荷するのかとか、シュナイダーなど他の新製品はいつ頃発売されるのかなどのお問い合わせが多く寄せられております。

お答えしたいのはやまやまですが、入荷時期や新製品の発売時期は、弊店では正直申し上げて分かりません。
と申しますのも、MinitrainSの総代理店業務は弊店からKATOさんに移管しましたので、これらの新製品情報は弊店には入らず、KATOさんにどのような情報がMinitrainSから入っているか、KATOさんが何時頃何セットくらいを注文するのかなどはKATOさん次第です。
従いまして、これらのことはKATOさんにお問い合わせくださいとしか言えませんので、どうかご容赦ください。

ただしご予約だけは承っております。前述の通り何時頃何セット入るのかなどは全く分かりませんが、いずれ入荷した際には優先してお届けしたいと思いますので、ご興味のある方はご予約を入れておいて頂ければと思います(もっとも確実にお届けできる保証はありませんが・・・)。

2018年6月18日 (月)

MinitrainSの販売を再開しました

MinitrainSの代理店は弊店からカトーさんに移管しました。ホビーセンターカトーさんが輸入発売元になり、弊店はMinitrainS製品の販売店としてホビーセンターカトーさんから仕入れて販売しております。

その最初の仕入れ業務が完了し、MinitrainSの新製品やら、長らく欠品だったものも入荷いたしましたので、昨日弊店H.P.にアップしております。
もっともMinitrainSの生産計画や在庫管理は相変わらずのようで、在庫切れのものも多く、入荷数も少ないようです。ホビーセンターカトーさんが本格的な業務を開始するには少し時間がかかるかもしれません。

今回の新製品はドコービルのサイドタンクとグマイダーのブルドーザートレインです。
詳細は弊店H.P.をご覧ください。

1082

5096

それとホビーセンターカトーさんからの仕入れ商品には外箱に可愛いシールが貼られています。表にはマンガチックな「ヨクハシル ミニトレインズ」のレタリングと、Bタンクと線路のロゴが描かれています。またよく見るとシールの下部には「フロム Karlsruhe, Germany」と原産地表示がされています。KarlsruheはMinitrainSの故郷です。

Dscn2974

箱の裏には輸入発売元のホビーセンターカトーさんのシールが貼られています。

Dscn2976_2

左がオリジナル元箱、右がカトーさん仕入れのものです。
意図は聞いておりませんが、恐らく製品保証のための識別と思います。オリジナルの元箱は黒一色で精悍な感じでしたので可愛いシールにはためらう方もおられると思いますが、慣れれば愛着が湧くと思います。

弊店より発売するMinitrainSは、当分の間、直接仕入れの元箱とカトーさん仕入れの箱が混在しますのでご容赦ください。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »