« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月28日 (土)

JELLY MODELSが来日します

JELLY MODELSのBadoni Mark 5 DLを本日発売しました。
日本では馴染みのない名前ですが、イタリアのアントニオ バドニ社のロコです。洒落たデザインの小粋なロコですので、意外と味噌汁軽便にも合うと思います。

Dxtcpprxuaa_bg_

ホワイトメタルが効いていて適度な重量感があり牽引力もまずまずです。一番厄介な動力にはトミーテックの箱鉄動力ですので、簡単に入手できますね。

JELLY MODELSの動力にはトミーテックやバンダイ、KATOのポケット動力などの日本製の簡易動力ユニットを意図的に使っています。また一部の製品には弊店のNパワーも使って頂いております。コストパフォーマンスを考えるとこれらの動力がナローには最適と思います。

日本大好きのJELLY MODELSは、日本のナローに大変興味がありまして、味噌汁軽便の車両も続々登場しそうです(もっともうちが焚きつけている面はありますが・・・)。

ところで本日のこの記事はBadoni Mark 5 DLの発売のことではありません。
JELLY MODELSが日本にやってきます。初来日だそうですが、この夏は観光と模型屋さん巡りで長期間日本に滞在するそうです。ユーロッパ流の長い夏休みなのでしょうが、その間本業は大丈夫なのか気になります。その中で、8月17日から19日に開催されるJAMにJELLY MODELSが出展します。

JAMではワンブースをナローガレージとJELLY MODELSで共同出展することになりました。JELLY MODELSの製品を持ち込み展示販売するそうですので、JAMにお越しになられる方はどうぞお寄りください。貴重なモデルもご覧になれると思います。
場所はアルモデルさんとペアーハンズさんのブースに挟まれたところですので、迷うことはないですね。

2018年7月14日 (土)

9mmナロー用のカプラー

先月、某アンテナサイトで9mmナロー用カプラーのアンケートの集計結果の報告がありました。
皆さんどんなカプラーを使っておられるのか、どんなカプラーに興味があるのかなど実に興味深いレポートでした。

予想通り、リンクピン式の朝顔形カプラーがトップで、次にマイクロトレインズのマグネマチックタイプが双璧をなしていました。エガータイプのループフックカプラーも結構お使いになっておられるのには驚きました。

わが国の実物のナローは圧倒的に朝顔形カプラーですので、モデルでもこれが大半を占めてもおかしくはないのですが、モデルの朝顔形カプラーは連結開放に難があり、多少スタイルを犠牲にしても、実用性の面でマグネマチックタイプやループフックカプラーを使われる方が多いのだろうと思います。
IORI工房の簡易連結の朝顔カプラーに興味を持っておられる方が多いのもうなずけます。

ところで記事で気になったのですが、マグネマチックタイプカプラーの入手が難しいとのことですが、弊店ではマグネマチックタイプを豊富に取り揃えておりますので、入手が困難な方はどうぞ覗いてみてください (笑)。
http://narrow.d.dooo.jp/MicrotrainsCoupler.html

さてエガータイプのカプラーですが、あるお客様よりMInitrainSの機関車のフックカプラーが破損したり紛失したりしやすいとのご相談がありました。これは下から差し込んで止めているだけなので外れやすいこともあります。
そこで3Dプリンターでフックカプラーを作ってみました。

Dscn3006

結果は上々なので、もしお客様の中でフックカプラーが無くてお困りの方がおられましたらご連絡ください、無料で差し上げます。但し申し訳ありませんが送料の200円のみご負担ください。
弊店の連絡先はこちらです。
narrow-garage@mbn.nifty.com

2018年7月 2日 (月)

MinitrainSのワークカー

エガーバーン・ワークカーの復刻版がMinitrainSから出ます。MinitrainSのH.P.が更新されました。
このワークカーは数年前のMinitrainSに新製品の予告で出ていました。その後何の音沙汰がなくヤキモキしてりましたが、今年春のニュルンベルグ模型ショーで試作品が発表されましたので発売を心待ちにしておりました。

現在のMinitrainSはエガーバーンの係累の方が経営されておりますが、エガーバーンの版権はスイスのエガーバーン社にありまして、全く同じものは作れず、またワークカーと名乗ることもできません。MinitrainSでの呼び方はコントラクターロコです。

エガーバーンのオリジナルのワークカーと比べますと復刻版とはやや違いがあります。例えば復刻版ではヘッドライトが点灯し。エンドビームのスモールライトが省略され、4号機のレタリングが無く、屋根の形状も若干異なっているようです。

2002

MInitrainSのコントラクターロコ(復刻版)

R00109161

エガーバーンの4号機ワークカー(オリジナル)

とは言え、50年前のモデルがほぼ原形通りに復刻されたことは嬉しい限りです。何より走りが自慢のMinitrainSですので、復刻版はがんがん走ってくれると思います。

何時頃入荷するのか分かりませんが、早めの入荷をKATOさんにお願いしておきます。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »