« 2018年8月 | トップページ

2018年9月

2018年9月30日 (日)

軽便鉄道模型祭にて(7)

いよいよ本日は軽便祭です。大型の台風が接近中で心配なのですが、、主催者様のご配慮もありまして、定刻の午後6時を待たずに、早じまいさせて頂くかもしれません。ご来場の方は早めのお買い物をお願い致します。

ところで例のJELLY MODELSの"OTTO"ですが昨日届きました。さすがイタリア人は約束を守りますね、と得意の手のひら返しです。予定通り"OTTO"は販売しますので、よろしくお願いいたします。

42196451_2021559624575127_345507530


それでは皆様、軽便祭でお会い致しましょう。

2018年9月28日 (金)

軽便鉄道模型祭にて(6)

追加のお知らせです。

大磯工房さんの新製品、「太平洋炭鉱東芝8トン凸型電機」が間に合いましたので軽便祭で販売することになりました。

8t

8t_2

御覧の通りのスマートな車体で、好感が持てます。エッチングキットでパンタやカプラーは市販品を使います。
キットの価格は5,800円です。

動力は弊店のNパワーでWB-16、φ8mmを使います。取付けには同じく弊店のNパワー取付アダプター(NG-P101)を使います。そこでWB-16、φ8mm、取付アダプターをセットにした特製キットを用意いたしました。
特製キットの価格は5,000円です。

更に大磯工房ではゴシック体ナンバープレートを発売しました。 720円です。

110

続いて、弊店の歌登町営軌道、超小型自走客車(別名:歌登のマイクロカー)ですが、実は軽便祭での販売用に50セットを用意しておりました。JAMに間に合いましたので売り出してみたところ思いのほか好評で、現在は残りが10セット余りと心細くなってしまいました。

またいつ作るか分かりませんので、ご希望の方は軽便祭でお早めにお求めください。
キットは4,500円、動力は「はこ鉄動力ユニット」です。

660124510

それとこれはまだ確定ではありませんが、JELLY MODELSのOTTOがまだ届いておりません。軽便祭前に必着の約束で送ってもらったのですが、何故か未だに到着しません。

明日来るかもしれませんのでささやかな希望は持っていますが、もし明日も届かなければ軽便祭での出品は諦め、到着後に通販で販売させて頂きますので、どうぞご了承ください。
OTTO以外のJELLY MODELSの製品は全て届いておりますので、他の新製品は軽便祭にて販売いたします。

イタリアは万事適当なところがありまして、固い約束も当てにはなりません。お国柄なので仕方がないですね。

軽便鉄道模型祭にて(5)

続きましてシーライオン工房の新製品です。
 
これまでにも何度かご紹介しておりますのでご存知の方も多いと思いますが、まずはニチユのバテロコです (HOe 1/87 6.5mmゲージ)。 この総ロストのバテロコは、精緻さにおいて極限ともいえる模型で、これまでの極小モデルの壁を打ち破った製品です。
 
これはシーライオン工房さんの多年にわたる技術の研究と、ロストメーカーさんの甚大なご努力の賜物なのですが、これ以上の精緻な製品は当分出来ないような気がします。
 
今回はバテロコの完成見本の展示と、ロストの試作品も一部販売されるそうですのでお見逃しなきようにお願い致します。

551874547_2

写真では分かりませんが大変小さなロコです。後部の椅子は跳ね上げられます。またバッテリー庫の点検扉は開閉可能です。

またこの動力には新たに開発されたマイクロシャーシ2も同時に販売致します。

7712110010_2

バテロコの価格は15,000円、マイクロシャーシ2の価格は9,000円ですが、バテロコとシャーシを一緒に購入される場合は、セットで23,500円に割引させて頂きます

 

なお、入荷数は僅少でございますので当日の先着順とさせて頂きますが、デパートの特売場での奪い合いのような混乱を避けるために、整理券を発行させて頂きます(お一人様一枚限りです)。

Dscn3064

整理券をお渡しするのも先着順に変わりありませんが、ご購入はお暇な時間帯に整理券をご持参のうえ購入して頂きますようお願い致します。

 

その他ですが、今回は特別に試作品の展示をしていただけることになりました。
 
仁鮒加藤5トン、鳩山町バテロコ、音水自家製などの原型や試作品などですので、大変興味深いと思います。

66784145774

仁鮒加藤5トン試作品

 

2018年9月26日 (水)

軽便鉄道模型祭にて(4)

次はイタリアJELLY MODELSの新製品です。JELLY MODELSはJAMで来日しましたのでその製品を御覧になった方も多いと思いますが、その時には先行販売だったものも、今回は正式に発売されました。そのうち数点をご紹介します。

Deutz OTTO GL(オットー)
堀之内軌道やヤマサ醤油で使われていたドイツ Deutz AG社のOTTOガソリン機関車です。角ばった独特の風貌が魅力のロコです。

42196451_2021559624575127_345507530

プラスチックキットで、動力は弊店のNパワー NP1306(WB-13mm、φ6mm車輪)を使います。セットでお買い求めください。

OTTO キット 4,700円、Nパワー(NP1306) 4,800円

続いて、GMINDER Type DLです。ドイツフェルトバーンのGMEINDERはわが国では「グマインダー」と呼ばれ、大変人気のあるロコです。

Gmainder1

上回りは綺麗なホワイトメタルの一体物、下回りはプラ製です。
動力はTomytecの「はこ鉄動力ユニット」です。簡単に組めて重量のある洒落たロコです。

グマインダーキット 6,900円、はこ鉄動力ユニット 2,600円

その他、JS Rail Car(ジャパニーズスタイル レールカー:単端式気動車)5,800円、やO&K オレインシュタイン ウント コッペルのフラットカー 5,400円 など多くの新製品も揃っています。JELLY MODELSの世界をお楽しみください。

2018年9月25日 (火)

軽便鉄道模型祭にて(3)

次の新製品紹介は、順番ではシーライオン工房のニチユバテロコですが、まだ製品が届いておりませんので後回しにします。

次は黄金城模型のDIEMA ディーゼルのシュガートレインです。
黄金城模型は皆さまご存じないと思いますが、台湾のナローモデルメーカーです。HOe 1/87 9mmゲージですので、サイズに違和感はありません。

動力車のDIEMA ディーゼルですが、ドイツのDIEMAで製造され台湾に輸入されたロコです。
組立キットで、ボディは真鍮エッチング板、下回りやフレームや小部品はロスト製です。

151852387530320180307130421892

151852388043820180307130421484

動力ユニットは、オリジナルは黄金城模型が開発した組立キットなのですが、調整が面倒で手こずると思いますので、弊店オリジナルの特製完成品をご用意しました。これで動力の不安なく製作できると思います。

Dscn3062

シュガートレインに牽かせる貨車は3種類あります。いずれもエッチング板とロストの製品で車輪付きです。

991245878
Type 1貨車

88457878
Type 2貨車

8845787
Type 3貨車

151874306506320180307130420593
DIEMA DLとType 3、Type 2貨車の編成例(砂糖袋は付属しておりません)

価格はDIEMA DL 動力付きキット 27,000円
Type 1貨車、Type 2貨車キットが各4,500円
Type 3貨車が5,800円です。

2018年9月24日 (月)

軽便鉄道模型祭にて(2)

それでは軽便祭の新製品を順にご紹介いたします。
まずはナローガレージのNパワーWシリーズです(通称Wパワー)。
Wパワーは両軸モーターを使った比較的ホイールべース(WB)の大きな2軸パワーユニットです。
用途はレールカー、単端、2軸の機関車の動力用です。

WBは22mm、24mm、26mm、28mm、30mmの5種類です。
車輪はφ6、φ7、φ8の3種類の車輪が使えますので、組み合わせは15種類になります。

Dsc_0466

両軸モーターにウオーム、アイドラーギヤーを介して車輪を回します。モーターは定評のあるアルモーター(RS-0811W)です。ギヤはモジュール0.2ですので低速走行も可能です。

Dsc_0453

製品には両側にウエイトが載ります。
車体との取り付けですが、下記の寸法のように前後の梁部に取り付け穴がありますので車体にねじ止めできます。

2212458

当面は完成品のみの販売になりますが、キットも販売予定です。
ちなみにJELLY MODELSが開発中の沼尻ガソ101にもこのWパワーが採用される予定です。

2018年9月21日 (金)

軽便鉄道模型祭にて

今年の軽便祭もあと一週間余となりました。軽便祭向けの各社新製品もぽつぽつ発表されており、また祭りに参加される多くのモデラーの方も最後の仕上げに余念のない時期と思います。

おまえのところは何を出すのだと言われますと大変心苦しいのですが、正直大したものはありません。その代わりに内外他社の多くの新製品でご勘弁頂こうと思います。

1.ナローガレージ
NパワーWシリーズ: 両軸モーターを使ったWB-22から30の新動力ユニット、完成品。

2.シーライオン工房
ニチユバテロコ: 極限の精度に挑む意欲作です。数量限定。

3.黄金城模型
DIEMA DLと3種類の貨車: 本邦初登場、本場台湾のシュガートレイン

4.JELLY MODEL
OTTO GL: ヤマサのオットーで有名です。JAMで試験販売しましたが正式発売です。
GMINDER DL: ドイツフェルトバーンのグマインダーDLです。
JS レールカー: 和風味噌汁軽便の単端レールカーです。
O&K フラットカー: オレンシュタイン ウント コッペルの無蓋貨車です。

こうしてみると結構盛沢山ですね。詳細は次回から順次お知らせいたします。

2018年9月 6日 (木)

MinitrainSの憂鬱

まずは台風21号による暴風雨および異常な高潮で被災されました近畿圏の方々、ならびに本日未明に発生しました巨大な地震で被災されました北海道の方々に、心よりお見舞い申し上げます。東日本大震災の悪夢が蘇るような大惨事で憂鬱になります。

さらに憂鬱な話で恐縮なのですが、MinitrainSの生産が大幅に遅れる模様です。代理店のKATOさんからのお話では、OEMで生産している中国の工場の問題で、入荷が半年から一年ほど見込めないとのことです。この分では新製品も当分出ないと思います。弊店はもう代理店ではありませんのでMinitrainSに直接聞くわけにもいかず、何の理由か分かりませんが、当面は今の在庫分で何とか凌ぐしかありません。

これは想像ですが、そういえばMinitrainSは中国の急激な人件費のアップで困っていると前に聞いたことがありました。もしかしたら中国の別の会社を捜しているのか、あるいは人件費の安いベトナムなど別の東南アジアの国への移転を考えているのかもしれません。

中国は急速な発展とともに個人所得も増え、最近は労働争議も増しているようです。MinitrainSが現在の価格を維持して再生産するためには利益を減らさざるをえず、経営を圧迫しているのかもしれません。
我々としては従来通り、何とか安価で良質な製品の供給を願うばかりですが、中国でのOEM生産はそろそろ考えないといけない時期なのかもしれませんね。

とはいえ何もないのでは困りますので、KATOさんにお願いしまして少し在庫のあったものを取り寄せて頂きました。下記の2つのモデルが入荷しました。

1081

MT-1081 ドコービルサイドタンク 緑

50422

MT-5042 クラウス Stainz No.2

この2両は弊店でも特に人気のあるモデルで、入荷してもすぐに売り切れててしまいます。今回の入荷数は僅少ですが、当面再入荷は困難と思いますので、ご希望の方は早めのご購入をお願い致します。

« 2018年8月 | トップページ