« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月31日 (土)

軽便祭の記念品

軽便祭までいよいよ残りひと月になりました。ナロー模型界の最大行事とも言ってよいこの軽便祭に向けて、記念製品の販売を考えておられるところも多いと思います。

弊店も軽便祭には記念品としましてこれまでも小品を出しております。ダージリンの客車とか、ブルックビルの機関車とか、歌登のマイクロレールカーとかですが、今年は趣向を変えて、HOナローのクラシックなレールトラックを販売する予定です。下記はCGによる完成予想図です。

Photo_20190831111501

試作品はJAMで展示しましたので、ご来場の方はお目に触れたかもしれません。車体は3D出力品、下回りは新開発の1軸動力ユニットで、前輪駆動です。組立キットですが、部品が揃いましたので軽便祭の会場限定で発売致します。よろしくお願い致します。

 

 

2019年8月15日 (木)

明日からJAMです

JAMコンベンションが明日から開催されます。今回は例年の東1ホールではなく、西1ホールですのでお間違えのないようにご注意下さい。

弊店もJAMに出店致します。場所はレールマーケットで、ナロー通りと呼ばれる銀座軽便倶楽部、杉山模型、トーマモデル、城東電軌さんなどと同じブロックです。
弊店が代理店をしておりますイタリアの「ジェリーモデルス」も一緒に出店しますので、よろしくお願いいたします。今年はルイージさんと彼のお友達(鉄道マニア)が一緒に来日しております。

さて弊店ですが、新製品と呼べるものは特にないのですが、開発中のものを何点か展示しようと思っております。
まずはHOナロー(9mm)のレールトラックです。

Dscn3423

半分は遊びで作っているようなものですが、下回りは新開発の1軸動力ユニットで、このトラックはFF前輪駆動です。次は郵便車や消防車、社長専用車なども面白そうですね。

それとNパワー(9mm)の小型版WB-11とWB-10の動力ユニットです。従来のNパワーはWB-12からWB-17でしたので、その下のレンジをカバーするものです。写真の通り、従来型のNパワーとはモーターも構造も異なります。

Dscn3426

手前のあるのが新開発のNパワーWB-10とWB-11です。後は従来型NパワーWB-12です。

もう一つがZパワー(6.5mm)動力ユニットです。WB-11ですが車輪径は新開発のφ5.4mmです。

Dscn3429

弊店で販売しておりますPowerMAX!はWB-11、φ5.0mmですので、ほぼPowerMAX!と同サイズです。PowerMAX!がメーカーの都合で製造が休止状態にありますので、その代用にどうぞ。

JAMでは展示のみですが、準備ができたものから順次販売したいと思います(失敗でお蔵入りするかもしれませんが・・・・)。

それと弊店の製品ではありませんが、今野模型店謹製の「ローラー運転台」を販売致します。9㎜ゲージ用と16.5mmゲージ用の2種類があります。もちろん通電式です。価格は1軸1,500円、2台セット入りで3,000円です。
製造元がお疲れのようで今回の入荷数は少ないです。JAMでは売り切れ必死と思いますので、お早めにお買い求め下さい。
この「ローラー運転台」は弊店が製造を一部お手伝いしたこともあり、 その後は通販用に頂けるそうなので、JAMにお越しになれない方はその時まで少々お待ちください。

 

2019年8月13日 (火)

SONYのマイクロトレーンが売られてました

通販をしているとPCとにらめっこして過ごす毎日ですが、リフレッシュと運動不足の解消のため、夕方は必ず散歩に行くことにしています。
何の目的も無くただぶらぶらと街の中を2時間ほど歩くのですが、たいていコースは決まっており、立ち寄る店もほぼ同じです。夜のパトロールならぬ夕方のパトロールです。

商店街のブックオフには必ず立ち寄るのですが、この店は大型店で、古本のみならず大きな鉄道模型コーナーがあります。Nゲージがずらっと並んでいるのですが、あれ、今日は見かけない品がガラスケースに並んでいました。

Img_0863

そうです、幻のソニーのマイクロトレーンです。SONYが鉄道模型に進出するため試作品として作ったのがこのセットで、極めてレアです。売られていたこのセットはED75と客車2両、線路とリレーラーのセットで、箱も完璧な状態の未使用品でした。さらに左側の置時計のようなパワーパックもマイクロトレーンの 純正品でした。

7万円なら一瞬買おうかとも思ったのですが、丸が一つ多い70万円とかで、2度びっくりです。なんでブックオフで売られているか経緯は分かりませんが、もしかしたらマニアだったご主人の遺品で、処分に困ったご遺族が古書と一緒にブックオフに持ち込んだのかもしれませんね。ブックオフが幾らで買い取ったのかは分かりませんが、売られた方は予想外の高額査定にびっくりされたことと思います。

70万円の値段が妥当かどうかは分かりませんが、恐らくこれからもっと高くなると思います。どなたかお金持ちの方は投資のつもりで購入されてはいかがでしょうか。

2019年8月 2日 (金)

もう少しMinitrainSのこと

前回はMinitrainSの新製品について書きました。今回の入荷分には再生産品のトピックスもありますので、そのことについて若干記しておきます。再生産自体は取り立てて珍しいことでもないのですが、今回は長らく生産されていなかったあのコッペルがついに再生産されました。

MinitrainSのホームページにも再生産のコッペルが堂々と載っています。MinitrainSの大ベストセラーがこのコッペルなのですが、長い間品切れ状態が続いておりました。今なお引く手あまたのコッペルですが、再生産まで時間が掛かったのもMinitrainSの事情があったようです。
つまりは立て続けの新製品開発がやっと一段落したので、売れ筋のコッペルを投入して経営の安定を図ろうということでしょう。

5031

MT-5031

5030

MT-5030

もう一つのメッセージはMiniainSの戦略が読み取れます。このコッペルと同じ時にグマインダーDLも再生産されたのですが、何かお気づきになりませんか。そうです、コッペルもグマインダーDLもエガーバーンの復刻版です。つまりMinitrainSは今後エガーバーンのラインを強化するものと思われます。既にワークカーも発売されましたので、次はトラムカーあたりが出ると嬉しいです。

MinitrainSの動きにこれからも目が離せませんが、マニアの方にとってこの動きは歓迎すべきことではないでしょうか。

 

 

 

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »