« 2021年1月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月29日 (月)

新型ローラー運転台です

動力車の試運転やDCCの調整などに不可欠のローラー運転台を作りました。
拘りましたのは、可能な限り部品数を減らし、剛性の高い簡単な構造にしました。組立も簡単なので全て完成品でご提供することにしました。ローラー運転台をお買い上げ頂きましたら直ぐに使えます。

また、この運転台は線路にかぶさる底面が完全に金属部分ですので、線路との接触不良がありません。このため低速から高速まで安定した走行が可能です。

Dsc_0539

ローラー運転台は通電タイプとひ通電タイプの2種類を用意しています。動輪などは通電タイプの運転台を、先従輪やテンダー台車などは非通電タイプの運転台を使用されることで、ローラー運転台にかかる総コストを抑えることができます。
さらにこのローラー運転台は1軸ごとの販売ですので、Cタンクなど奇数軸の場合でも無駄になりませんし、必要により買い足しが出来ます。

Dsc_0537

ローラーの基本構造ですが、洋白板と黒いプラ部分にベアリングローラーを取り付けたものです。洋白部分は共通ですので黒いプラ部分の長さを変えることで、各種のゲージに対応したローラー運転台になります。

今回の発売は、16.5mmゲージ用、9mmゲージ用、6.5mmゲージ用の3種類ですが、次に10.5mmゲージ用、12mmゲージ用、13mmゲージ用も発売予定です。その他のゲージも特注で可能ですのでご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

2021年3月18日 (木)

ペアーハンズさんとコラボ

ペアーハンズさんのOナロー9mm 「木造センターキャブラッセル」を昨日発売しました。
このモデルは古風な木造のセンターキャブDLですが、車体の前後に除雪用のラッセルを取り付けられます。
このラッセルは取り外しできますので、ラッセルの無い夏姿のDLとしても楽しめます。
このラッセル自体はなかなか凝った作りなので、他にもいろいろと使えそうです。

20210216230254

ところで何がコラボなのかと申しますと、この「木造センターキャブラッセル」の動力には弊店のHパワー(NG-HP1606)が初めて指定動力に採用されました。

ご存知の通りHパワーはTOMYTECの「はこ鉄動力」の代替品として開発したものですが、当初はペアーハンズさんも「はこ鉄動力」の使用で設計されておられましたが、いよいよ「はこ鉄動力」の入手が困難になり、弊店のHパワーにお鉢が回ってきたようです。
ペアーハンズさんで、Hパワーの搭載を前提に設計されたモデルはこれが初めてです。次のモデルもHパワーが指定動力になるようですので、まことにありがたいことです。

HパワーやNパワーを指定動力にして頂いている模型店様は、ペアーハンズさんをはじめ城東電軌さんや日昇工業さんなど少しずつ増えています。また最近は海外のメーカーさんからの引き合いも増えてきて、台湾やオーストラリアなどに出荷しています。
車輪径や軸距離などの組み合わせで豊富なバリエーションがメーカーさんの様々なニーズに合うのかもしれません。
小型のパワーユニットで特注品の製造も承りますので、ご希望がございましたらご相談ください。

 

 

« 2021年1月 | トップページ | 2021年4月 »