« 新型3軸動力の試作品です | トップページ | 新型動力3兄弟 »

2021年6月15日 (火)

新型SL動力の試作品

前回ご紹介しました3つのプロジェクトの2番目がこのSL動力です。似たようなSL動力の試作品を昔ご紹介しましたが、あれは既存のNパワーにシリンダーブロックを取り付ける改造キットですが、この動力は全くの別物で、SL用の専用動力です。

Dscn3815

特徴としては前の3軸DL用動力と同様に、大きな低速用モーターと新開発のギヤトレインです。ギヤがフレーム内部に完全に収まりますので、外部にギヤが露出しません。SL用には理想的な下回りです。
もちろん拡張性も考慮しておりまして、写真のモデルは軸距離12mm、車輪径8mmですが、軸距離は18mmくらいまで自由に、車輪は6mm, 7mm , 8mmから選べます。

ところでこのSL動力の設計意図ですが、ただむやみに作っているわけではありません。世界のナローキットでドナーとなる動力が皆無になっているのが現状です。かって多くのキットで動力として指定していたバックマンのNゲージ、ドックサイド 0-4-0 SLは絶版になり、Eベイ市場でも殆ど見かけ無くなりました。このためこの動力を指定していたあまたのキットも泣く泣く製造中止に追い込まれました。

Unnamed

また代替動力として大いに期待されていたイギリスのNドライブは残念ながら廃業してしまいました。このNドライブはマシマのモーターを使っていたので命取りになったのかもしれません。

Lwb20chassis20rear203rd

一応これらの動力ユニットと同じような寸法で作ってありますので、これらの動力の代わりに使ってもらえば嬉しいというところです。また願わくば、うちの動力を使ったSLキットを世界のどこかのメーカーで出してもらえれば嬉しい限りです。

それならお前のところで作れという声が上がりそうですが、そうしたいのはやまやまですがセンスがありません。下回りだけならセンスはいりませんので得意なのですけど。

 

 

 

 

 

 

« 新型3軸動力の試作品です | トップページ | 新型動力3兄弟 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新型3軸動力の試作品です | トップページ | 新型動力3兄弟 »