« HOn3は12mmゲージ? | トップページ | 新型SL動力の試作品 »

2021年6月 8日 (火)

新型3軸動力の試作品です

相変わらずのコロナ禍で次の模型市もいつ開かれるのか不透明です。長期のステイホームで時間だけはたっぷりありますので、懸案になっていた新型動力のプロジェクトを進めています。

このプロジェクトは3件ありまして同時進行で進めています。詳細はまだ発表できないのですが、進捗状況によりまして、おいおい発表していきたいと思います。
まずは新型の9mmゲージ用3軸動力の試作品が出来ましたのでこれからお知らせします。写真は試作品です。

Dscn3809

この新型3軸動力の特徴は3つあります。
1.小型ギヤとウオームギヤによるギヤトレインをフレーム内に収納しました。このためフレームの外側にギヤの出っ張りがありません。
2.全軸駆動の動力は、モーターをNパワーより大きな低速モーターを採用することにより、高トルクでスムースな走りを実現しました。
3.全軸集電(6車輪からの個別集電)機構により、低速から高速まで安定した集電性能が得られます。

写真の試作品は軸間距離が12mm+12mm、車輪はΦ8mmです。軸間距離は他に11mm+11mm、10mm+10mmの3種類を予定しています。また車輪はΦ8mm、φ7mm、φ6mmの3種類が使えますので、その組み合わせで色々なモデルに対応できます。
3軸の小型DLやSLの動力にご利用ください。量産体制が整いましたら発売します。

 

 

 

 

« HOn3は12mmゲージ? | トップページ | 新型SL動力の試作品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HOn3は12mmゲージ? | トップページ | 新型SL動力の試作品 »