HOナロー

2017年2月 2日 (木)

新型パワトラを発売しました(2)

9mmゲージ用の小型パワトラ、Nパワーですが、既発売のホイールベース12mm、14mmに加えて13mm、15mmも発売しました。
車輪径はφ6、φ7の2種類がありますので、これらの組合せで合計8種類になりました。

561101259
写真は左からホイールベース12mm、13mm、14mm、15mmです。

更にホイールベースの異なるものや、車輪径の大きなものも開発していきますので、殆どのニーズに対応できるようになると思います。
またモーターは、標準では0608タイプの15mm長の強力型ですが、より小型の10mm長のものもオプションで用意いたしました。超小型のロコにはこちらをご利用ください。

664101562

2017年1月 5日 (木)

新型パワトラを発売しました

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。
さて昨年よりお知らせしておりました9mmゲージの新型パワトラを発売しました。

昨年のクリスマスに開催されました大宮での「さいたま鉄道模型フェスタ」で、実はこっそりと先行販売をさせて頂きました。ある部品の入荷が遅れておりましたが、模型市前日に入りましたので、そのままキット組みをして販売いたしました。

そのため何のお知らせもないままでしたので、模型市にお越しの方でも気づかれなかった方もおられたのではないかと思います。そこで正月明けの今回正式に販売をいたしました。

114700101014

ホイールベースは12mmと14mmの2種類、車輪径は6mmと7mmの2種類で4種類の組合せになります。また今月中にホイールベースが13mmと15mmのタイプを発売する予定です。

懸案でしたこのパワトラの名称ですが、「アルパワー」、「トーマパワー」に倣って「NGパワー」にしようかとも思いましたが、どうも走りそうもない名前ですのでボツになりました。「パワーマックス」を超える「ウルトラパワー」とか、「スーパーパワー」とかも考えましたが、名前負けしそうなので止めました。

結局「Nパワー」になりましたが、このNには9mm用とナローの意味を込めています。なお次に開発する6.5mm用パワトラは「Zパワー」とする予定でおります。

「Nパワー」にした理由は他にもあるのですが、まだ時期尚早ですのでここでは申せません。壮大な計画ではありますが、お正月ですので初夢で終わるかもしれませんし・・・。

それと自前のパワトラを作ったのはいいのですが、何に使うかは全く考えておりませんでした。間抜けな話ですが、今年はこれを使った車両を開発しようかと考えております。皆様アイデアがございましたらお教えください。共同開発もいいですね。

2016年12月25日 (日)

MinitrainSからメリークリスマス!

今日はクリスマス。大宮の「さいたま鉄道模型フェスタ2016」も無事に終わりました。ご来場の皆様まことにありがとうございました。
会場では新製品の販売もいたしましたが、そのご報告は後ほどとして、MinitrainSからクリスマスカードが届きました。MinitrainSのH.P.にも掲載されていますが、下記のカードです。

W2016c

プレゼントを運ぶサンタさんは兎も角として、本当のプレゼントはその前の青いDLです。サイドロッド付き、アウターフレームのDLです。3軸に見えますが中間軸はロッド駆動軸で、動輪は外側の2軸です。これはMinitrainSの新製品です。これはドイツ フェルトバーンのNS2F ディーゼルロコですね。既にBUSCHで1/87、6.5mmゲージで製品化されています。

このDLは2016年のMinitrainSカタログの新製品予告にも載っておりましたので、いつかは発売されるとは思っておりましたが、年末ギリギリで製品化したようです。カタログに載っている図面は下記のものです。

55012457847

発売時期等はまだ分かりませんが、嬉しいクリスマスプレゼントですね。
まずは皆様、「メリークリスマス!!!!」

2016年10月 7日 (金)

軽便祭での新製品です

軽便祭の記念製品ではありませんが、軽便祭より新製品のDCモーターを発売します。
強力ネオジム・マグネットを使った新型DCモーター(SE15HORTYP)です。

7700014750

サイズは15×15×18mmの角型です。シャフトは2φ×13.4mmです。
このモーターの最大の特徴は、四角形のハウジングの4隅にネオジム・マグネットを配置した特殊な構造で、これにより従来のDCモーターにはない、強力かつスムースな回転が得られます。(米国特許取得済)

例えばトルクですが、同体積のモーターと比べると2倍のトルクを発生します。定格電圧は12Vで、低速域から高速域までスムースな回転が得られます。また低騒音、長寿命です。

124578854

このモーターは仙台のK先生のご指導のもと、弊店が取りまとめて日本の大手メーカーに大量発注しました。SE15Hシリーズの最新型モーターで、低速走行に優れ、かつシャフト長も標準品より若干短くしております。
SE15HORTYPは特注品ですので、秋葉原などの市場にはございません。

HOやOナローなどには好適のモーターでございます。スムースな走行を得たい方、パワーに不足を感じておられる方など、モーターの換装をお考えの方は是非この異次元の新型モーターをお試しください。
価格は税込900円です。

2016年9月30日 (金)

軽便祭記念製品です(3)

ブルックビルロコを塗装しました。米国の産業用ロコは実用本位の地味な色が多いのですが、ちょっとだけお洒落して、明るい黄緑色にしてみました。

下回りの特徴的な腰高の鋳造フレームはいわゆるガンメタ塗装です。ミスターホビーのメタルカラー・ダークアイアンですが、簡単にメタルぽい色になるのがいいですね。

キャビンはガラガラで寂しいので人形でも載せましょうか。

8801478578

8800124587

ブルックビルはわが国には殆ど輸入されず知名度は低いですが、ホイットコムと並び称されるメーカーです。ナベトロや鉱車、運材車などを牽くには好適なロコですので、様々なシーンで似合うと思います。

軽便祭記念製品ですので会場でのみ販売します。売り切れることはないと思いますが、軽便祭にお越しになれない方、あるいは売り切れが心配な方はご予約を承りますので、どうぞご連絡ください。(予価4,800円)

2016年9月28日 (水)

軽便祭記念製品です(2)

軽便祭記念製品のブルックビルですが、部品が一部揃いましたので仮組みしてみました。
ご覧の通りですが、ボディはホワイトレジン、屋根やボンネットのルーバー、フロントグリルなどはエッチング板、カプラーポケットはロスト部品、ヘッドライトはホワイトメタルなどです。

2211012458

レジンのボディは写真では白飛びして細部が良く分かりませんが、BROOKVILLEの文字など綺麗に出来ています。サフ吹きするとディテールがはっきりします。

次は塗装ですが、何色に塗りましょうか。実用本位のブルックビルは、米国ではアイボリーや灰色など地味な目立たない塗装が多いのですが、折角ですから赤や緑など目立つ塗装にしてみましょう。

特に問題もなさそうなので、予定通り軽便祭会場で発売予定です。

2016年9月26日 (月)

軽便祭記念製品です

第12回軽便祭まで残り2週間を切りました。遅ればせながらNGは今年も記念製品を用意しています。
昨年は歌登町営軌道の超小型自走客車(マイクロレールカー)を出しましたが、今年は何にするか春先から考えておりました。

候補は色々あったのですが、軽便ものや産業ロコは大方のものは殆ど模型化されていますし、かといって極めてマイナーなものは大して売れそうもありません。そこで今年は思い切って海外ものにしました。これなら万一売れ残っても海外に需要があるのではないかという魂胆です。

選んだのは個人的にも大好きなブルックビルです。プリムスやポーターのように有名ではありませんが、ブルックビルは米国では大変人気のある産業用ロコです。
窓ガラスもないシンプルな構造と頑丈なフレーム、大きなカプラーポケットなど、実用本位の設計で、お世辞にもスマートとは言えませんが、そこが何とも愛らしいスタイルです。

660147145

660010012

まだ一部の部品待ちで今月中には揃いますが、試作品が出来上がりましたら写真をお目にかけます。
動力はTOMYTECの鉄コレ「2軸電動車用B」動力ユニット(TM-TR02)です。

この可愛いブルックビルロコは軽便祭会場限定販売(50セット)ですので、どうぞお見逃しなく。

2016年8月16日 (火)

MinitrainSのトラックシステムを発売しました

MinitrainSの9mm用線路を発売しました。
この線路はかねてから開発中でしたが、満を持して発売されました。ナロー用線路としては既にシンハラやPECOがありますが、この線路の特長は何よりエガーバーンと同じサイズの線路長と曲率140mmRで構成されていることと、枕木間隔が同じに出来ていることで、エガーバーン線路の復刻版と言っても過言ではありません。

エガーバーンの線路と若干異なる点は、枕木の色がエガーバーンは黒ですがMinitrainSでは茶色になっています。またMinitrainsの枕木のほうが幅が広いです。
見逃せない点は、これらの線路はドイツ製であることです。MinitrainSは車両の製造は中国ですが、線路はドイツ製になり、しっかりした作りになりました。

66124589

それまでのMinitrainSの線路はPECO線路を流用してましたので、独自の線路システムを開発したようです。恐らくこれからも様々な線路が続々と登場するような予感がします。
140mmRでも小さいですが、更に小さな曲率の線路やフレキシブル線路も欲しいですね。

500700124
94561254877


次の国際鉄道模型コンベンション(JAM)にて販売しますので、どうぞご覧ください。

2016年8月13日 (土)

ツイラータール鉄道の黒クラウス

MinitrainS新製品紹介の続きです。ツイラータール鉄道のオリジナル蒸機MT-1042です。
前にも少し述べましたが、このロコは厳密には新製品ではありません。初回生産が少数だったため、H.P.では販売せず、模型市等で限定販売しました。その後永らく再生されませんでしたが、先月やっと再生産されましたのでH.P.では新製品の扱いにしています。

1042
ツイラータール鉄道オリジナル蒸機 MT-1042

ご存じの通り、このロコはツイラータール鉄道のホビーロコNo.6の黒バージョンです。ホビーロコNo.6はカラフルな塗装で、カラフルな客車とともにツイラータール鉄道の名物ロコです。

6678945
ツイラータール鉄道トレインセット MT-1401

ホビーロコNo.6は1916年製造のクラウスです。ツイラータール鉄道の蒸機はNo.1からNo.6までしかありませんので、黒色オリジナル蒸機のNo.8は架空のナンバーか、同時期に製造された同型機かもしれません。

いずれにしましてもこの黒色クラウスは人気のロコです。先月末に発売を始めましたらあっという間に売り切れました。このため急遽再注文して、昨日に追加分が入荷しました。

MinitrainSのH.P.でも数量限定の再生産と謳っておりますので、在庫は少ないものと思います。ヨーロッパの香りが漂う希少なクラウスを、この機会にぜひお求めください。

2016年8月10日 (水)

3代目のMinitrainS コッペル

今回のMinitrainSの新製品の中で一番ご予約やお問い合わせが多かったのがコッペルシリーズです。このコッペルもこれまでに少しづつ改良を続け、今回の新製品で3代目になりましたので少し解説をいたします。

5031

写真は3代目コッペルです。

MinitrainSのコッペルはエガーバーン2号機のコッペルの復刻版として初代が登場しました。初代はスプリットフレームによる集電とロッド伝動、赤エンドビームでした。

2代目はブラシ集電とギヤ伝動、黒エンドビームとガラリと変わりました。そして今回の3世代目はブラシ集電とギヤ伝動ですがエンドビームが赤に戻りました。

3代目のデザインはオリジナルのエガーバーンに近く、定評のあるMinitrainSの安定した走りを引き継いでいますので、歴代のコッペルでは一番の出来ではないかと思います。

エガーバーンから3代目コッペルまで4両の違いを写真を交えて説明するつもりでしたが、ドイツの小型蒸機に造詣の深いMoin Moinさんがブログに詳細に解説して頂きましたので、そちらをお読みください。参考になります。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー